ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
倒産から2年!JAL再生“奮闘”記

【その6】空港スタッフ・小島えりの場合
「ただ席に座っているだけ。
そんな上司はいなくなりました」

【第6回】 2012年3月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 今回登場する小島えりは、羽田事業部パッセンジャーサービスに属する空港スタッフである。JALで働いて丸3年を迎える。空港ではチケット発券、チェックイン、手荷物の預かり、ゲートでの搭乗案内、さらにはラウンジの受付と、我々が思う以上に、多くの仕事をこなしている。今回の一連のインタビューを受けてくれた役員・社員の中では最年少だ。

「親方日の丸」と
言われたこともありました

――小島の入社は2009年だから、それからというものJALは激動続きだった。JALの経営危機報道合戦がし烈になるなかで、空港スタッフの彼女たちは最前線で顧客と直接に向き合った。

羽田事業部パッセンジャーサービス・小島えり「JALフィロソフィで一番好きな言葉は、一人ひとりがJAL」
Photo by Kazunori Ogura

小島 マスコミの方が連日のように空港に来ました。JALの経営危機が盛んに報道されていたので、お客様には「JALはこれからどうなるの?」「マイレージが無効になるのか?」「JALカードは使えるのか?」などの質問をたくさん受けました。「親方日の丸だから、国が守ってくれると楽観視していたんじゃないの?」と、言われたこともあります。

 両親は「会社は大丈夫か、仕事がなくなるんじゃないか」と心配していました。

 ただ、私が心強かったのは、こういう状態(経営危機)になっても、JALがもっと良くなるように頑張っていこう、というスタッフが周りにたくさんいたことです。

 逆に、スタッフの頑張ろうという気持ちを、お客様に伝えきれていないことが、とても悔しかったので、それをどうやって伝えていくかを常に考えていました。JALがもっと良くなるようにという気持ちを強く持ちながら仕事をしていましたので、仕事がなくなるという不安を感じている余裕もなかったというのが、私の正直な感想です。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


倒産から2年!JAL再生“奮闘”記

2010年1月に、JALが会社更生法を申請してから丸2年が経った。再建は予想を上回るペースで進んでいる。この2月には経営陣は新体制に移行する。再生の原動力となっているのは、「意識改革」と「部門別採算性」という「稲盛経営」である。JALの人々は、倒産をどう受け止め、どのような思いを抱きながら、企業再建に取り組んでいるのか。トップ層から現場の従業員に至るまで、インタビューを軸に、再建に取り組むその姿を追う。

「倒産から2年!JAL再生“奮闘”記」

⇒バックナンバー一覧