ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
新人編集者ムラタの××日記
【第38回】 2012年3月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
新人編集者ムラタ [ダイヤモンド社書籍編集局]

ニコニコ本社をブラブラするワクワク感。
3月5日(月)~11日(日)

1
nextpage

ダイヤモンド社は原宿にあります。そもそも違和感があり、また休日出勤をすると、会社周辺に若者があふれていて、うつ度が倍増します。そんな街を満喫する人々の物語。ちなみにムラタくんは参加していないという……。

ニコニコ本社をブラブラする

 「会社はどこにあるんですか?」と尋ねられて「原宿です」とこたえると、「おしゃれな街でうらやましい」と言われることが少なくありません。たし
かに、おしゃれなカフェやアパレルショップが立ち並び、人混みさえなければとても居心地のいい場所だと思います。たまに立ち寄るぶんには……。

 とにかくランチの値段が高い! そして、かなりの可能性で量が少ない。食に関する不満をあげればキリがありません。パスタじゃなくて蕎麦、リゾットよりもおじやが食べたいのです。安くてうまくてぞんざいに扱ってくれる飲食店を心よりお待ちしております。

 おじさま方を中心にクレームの絶えない原宿ですが、第3編集部のO川副編集長(『震災死』編集担当)、W田副編集長(『采配』編集担当)、K藤(『ザ・ミッション』編集担当)の3名が、平日のランチタイムに若者の街を満喫していました。「ニコニコ動画」の本社が原宿駅近くにあり、ミドル3名で遊びに行っていたそうです。

 当初「中年」と書いておりましたが、明日から笑顔で出社できなくなる危険を感じたため、「ミドル」と表記する弱腰をお許しください。

原宿観光戦利品
拡大画像表示

 3人はまず、ニコニコ本社に併設されているカフェで「食欲減退ブルーカレー」なるものを食し、3階のショップでクッションや入浴剤を買うだけでは飽き足らず、本社から目と鼻の先にあり、揚げたての「じゃがりこ」を食べられると有名な「カルビープラス」でおやつを買って帰ってくるというフルコース。

O川副編集長を虜にしたクッション
拡大画像表示

 そこには、原宿のなかでも最も若者率が高い竹下通りに臆することなく、修学旅行の高校生のようにはしゃぐ大の大人がいたことでしょう。普段は冷静沈着、キャラクターグッズなんかとは縁遠いO川副編集長ですが、そんな彼に2525円のクッションを買わせてしまうニコニコの戦略は侮れません。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


新人編集者ムラタ [ダイヤモンド社書籍編集局]

1985年東京都生まれ。2009年、ダイヤモンド社入社。以後2年間は営業部に所属。営業マンとして主に神奈川県、新潟県を担当。2011年春の人事異動にともない、書籍編集局第二編集部に配属。


新人編集者ムラタの××日記

2011年4月、ダイヤモンド社書籍編集局に大型新人が配属された。
彼の名はムラタ。2009年入社から営業部で書店営業を担当してきた彼が、全く異なる職種である書籍編集の部署で、何をどう感じ、どんなふうに自分らしい仕事のしかたを見つけていくのか。
本連載は、一人の若手編集者が様々な壁にぶちあたりながら成長していく過程を自ら日記形式でしたためていくものです(予定)。あたたかい目で見守っていただけましたら幸いです。

「新人編集者ムラタの××日記」

⇒バックナンバー一覧