ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ツイッター+αのつぶやき企業戦略

デルも唸る世界一の“つぶやき経営者”!
ザッポスCEOが極めたツイッターの奥義

本荘修二 [新事業コンサルタント]
【第5回】 2010年2月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 初回に取り上げたミリオン・フォロワー企業のデルをして「ザッポスCEOのトニー・シェーは、おおよそ他のどんな企業よりも顧客リレーションシップを抱くことに優れた偉大な“企業例”だ」(デル社ブログ)と言わしめた。

 170万に迫るフォロワーを持つ@zapposだが、実はこれは米国のザッポス・ドット・コムのCEO、トニー・シェーその人個人のアカウントである。

 靴をはじめファッション商品のオンライン小売で年1千億円余りを売上げるザッポスは、「ソーシャルウェブ革命の衝撃」第1~3回でも紹介したように、革新的な経営で知られている。

 トニー・シェーは、ビジネス界でツイッターについて最も影響力がある個人と言っても過言ではない。多くの企業がトニー・シェーから学ぼうとしている。

 彼はツイッターを通して何をしているのか、ツイッターを戦略的にどうとらえているのか、そして、彼にとってツイッターとはいったい何なのだろうか。

意外にもツイートの数は少ない

 ザッポスCEOのトニー・シェーは、2007年6月にアカウント@zapposを登録して以来、自らがメッセージを発し自らの行動を示すことで、多くのファンを獲得している。いまや170万近いフォロワーを持ち、芸能人などを含む世界全体で59位、CEOでは1位となっている(2009年2月現在)。しかも、フォローされるだけでなく40万近くをフォローしている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

本荘修二 [新事業コンサルタント]

多摩大学客員教授、早稲田大学学術博士(国際経営)。ボストン・コンサルティング・グループ、米CSC、CSK/セガ・グループ会長付、ジェネラルアトランティック日本代表を経て、現在は本荘事務所代表。500 Startups、NetService Ventures Groupほか日米企業のアドバイザーでもある。


ツイッター+αのつぶやき企業戦略

ツイッターの発祥の地アメリカでは、すでに多くの企業が“つぶやき”を戦略的ツールとして活用し、売上げ増などの具体的な成果を上げている。ツイッターで企業やビジネスがどう変わるのか。本場の先進事例から学ぼう。

「ツイッター+αのつぶやき企業戦略」

⇒バックナンバー一覧