ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
『大学図鑑!2013』正しい「受験生の親」入門講座
【第3回】 2012年4月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
オバタカズユキ[監修]

「受験生の親」が陥りやすい
7つのワナ【後編】

1
nextpage

「受験生の親」なのに、「受験生の親」だからこそハマってしまう7つの危険なワナ。前半の3つで「私にも心あたりが......」というおうちの方も多かったのではないでしょうか。続く後半の4つも、知らず知らずのうちにハマってしまう危険なワナで......。(監修/オバタカズユキ)

ワナ4
「無自覚のまま自分の見栄や体面を優先してしまう」

 「東京の中途半端な私立大学に入るぐらいなら、地元の国公立にいってくれたほうが親戚や近所にずっと大きな顔ができる」
「従兄弟の○○君が現役で大学に入ったのに、浪人なんかされたら恥ずかしくて仕方ない」
「両親とも○○大学なんだから、それ以下の大学は許さない。そんなことになったら、同窓会に行けなくなる」

 まあ、さすがに、こんなセリフを子供に面と向かって言う親はめったにいないと思います(たまにはいそうなところが怖いですが)。一読して「自分の気持ちにピッタリ」と感じる親も、それほど多くはないでしょう。しかし、自覚がないまま、自分自身の見栄や体面を優先するワナにハマっているケースは、けっして珍しくはありません。

 なんせ、自覚がないので罪悪感を覚えないまま、子供の前で本音が垣間見えるプレッシャーのかけ方をしてしまったりもします。当然、子供だって親の本音に気づかないわけがありません。受験生は常に全力で「自分への言い訳」を探していますから、たちまちやる気をなくしてしまうでしょう。たとえ親の希望通りの進路に進んだとしても、「親のために行ってやった」という気持ちは、たぶん一生消えません。

 親の心の中に自分自身の立場や人間関係にからんだ見栄が生まれてくるのは、ある意味、仕方がないことです。まずはそれを直視して、「親の勝手な見栄」「本人には関係ない話」と自分に言い聞かせることが、知らないうちに子供に迷惑をかけてしまわない必須条件と言えるでしょう。
 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
キーワード 
人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

山本 一成 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年5月

<内容紹介>
最強の将棋AIポナンザの開発者が超重要技術、「機械学習」「深層学習」「強化学習」を解説。そのうえで「知能とは何か」という問への回答を示す意欲作です。自らの手で人工知能を創り、将棋名人と並ぶまでに成長させてきた著者が腹落ちしたことだけを書いているので、世界一やさしく面白い人工知能の本になっています。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、5/7~5/13)



オバタカズユキ [監修]

フリーライター、フリー編集者。 著書に『何のために働くか』(幻冬舎文庫)、『だから女は大変だ』(文藝春秋)、『大手を蹴った若者が集まる知る人ぞ知る会社』(朝日新聞出版)ほか。企画、編集、構成で携わった本は『大学キャリアセンターのぶっちゃけ話』(ソフトバンク新書)、『国のために死ねるか』(文春新書)、『クラッシャー上司』(PHP新書)など。


『大学図鑑!2013』正しい「受験生の親」入門講座

大学受験という魔物を前に、おびえたりテンパったりしてしまうのは、受験生本人だけではありません。親という名の「おうちの方」も、本人に負けず劣らず、うろたえたり悩んだりしていらっしゃるのではないでしょうか? そこで、本連載では「受験生の親」が陥りやすい危険なワナの存在や、勘違いを招かないようにする基礎知識、受験生の「困った主張」への対処法などをご紹介していきます。

「『大学図鑑!2013』正しい「受験生の親」入門講座」

⇒バックナンバー一覧