ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
中学版・受験の真相

大学入試に挑むか回避するか。
中高一貫「進学校」「付属校」「進学・付属校」の違い

安田賢治
【第11回】 2011年7月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 一貫校は大きく進学校と付属校の二つに分かれる。進学校は当然のことながら、入試を経て大学に進学を目指す学校。一方、付属校は併設大へ優先的に入学できる学校だ。付属校を選ぶと中学入学の段階で、大学までの進学がほぼ決まることになる。

 進学校では中高6年間を活用して先取り学習を行い、大学受験を視野に入れた学力を身につけさせることに主眼を置いた教育を展開している。その結果、大学合格の実力が養われていく。それに対して付属校では6年どころか大学の4年を加えた10年にわたり、高校入試だけでなく大学入試からも解放された、ゆとりと充実の教育が展開されている。例えば、付属校では英語だけでなく第二外国語を学べたり、大学の授業の先取り学習があったり、先々を意識した教育が行われている。付属校からの進学者は建学の精神をよく理解しているといういう意味で、大学からはリーダー的存在になってほしいとの期待もある。

併設大への進学を保証しながら
他大学受験を認める「進学・付属校」も増加

 このように、かつては進学校と付属校はまったく別のジャンルの学校だった。しかし、最近ではその境界が曖昧になってきている。進学校と付属校の中間的な存在の、言ってみれば「進学・付属校」が増えており、これが人気を集めているのだ。併設大への進学を保証しながら、他大学受験を認める付属校だ。

 もともと付属校は併設大への進学を保証してくれるからこそ人気が高かった。90年代前半までは大学入試が厳しく、合格を勝ち取るのはひと苦労だったからだ。ところが、1992年をピークに18歳人口は減り始める。その一方で大学数は2倍近くに増え、大学には年々入りやすくなっていく。

 そうなると、大学入試が厳しいから付属校を選ぶという価値が低下する。併設大が一般入試でも容易に入れる大学ならば、わざわざ中学から進学させることはないという考えが広まり、難関大学を目指す進学校の人気がアップしたのだ。こうして、まだまだ入試が厳しい慶應義塾大や早稲田大など、一部の難関大付属校だけが人気突出する現在の序列が出来上がっていった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

安田賢治 [大学通信 常務取締役 情報調査・編集部ゼネラル・マネージャー]

1956年兵庫県生まれ。私立灘中高、早稲田大学政治経済学部卒業後、大学通信入社。現在、書籍の編集とマスコミへの情報提供を担当。サンデー毎日をはじめとする週刊誌などに記事を多数執筆している。著書は「中学受験のひみつ」(朝日出版)。大学通信は、小学校受験から大学受験さらには就職までをカバーする各種案内書やデータ集を発行するほか、各マスコミや学校へ受験情報提供、子どもの学びや学校の広報支援、ブランディング提案も手がける受験情報会社。


中学版・受験の真相

2010年は26万人。全生徒数に占める割合は7.2%で、この比率は30年前の2.5倍。私立中学の在籍者数である。さらに驚くべき数字がある。東京都における私立中学校への在籍割合は26.2%、実に4人に1人が私立を選んでいるのだ。いまどきの中等教育に、お父さんの経験則はまったく通用しない。子どもの教育に父親として責任を果たす、そのためにはまず中等教育の現実を知る必要がある。大学入試の実績分析を通して中学校・高校を見続けて約30年、学校評価の第一人者が中学受験をズバリ解説します。

「中学版・受験の真相」

⇒バックナンバー一覧