ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金融市場異論百出

ギフトカードにはご注意!
ニューヨーク最新景気事情

2008年11月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 現在ニューヨークに来ている。景気に関する悲観的な話は多く聞かれる。まもなくホリデーシーズン・セールが本格化するが、今年は厳しいことになりそうだ。

 近年、米国ではクリスマスプレゼントとしてギフトカード(商品券)を贈る人が増加していた。しかし、今年はギフトカード選びに気をつけなければならないと「USAトゥデイ」(11月18日付)が報じている。小売りチェーン店の破綻が相次ぎ、同カードが無効とされるケースがあるからだ。

 家電販売2位のサーキット・シティが11月10日に連邦破産法11条(チャプター11)を申請した。マンハッタン5番街の店舗をのぞいてみたところ、以前と変わらず営業しており、買い物客でにぎわっていた。同社のギフトカードは有効とされている。

 しかし、155の店舗が閉鎖されるため、近距離に店がなくなってしまう恐れはある。前掲紙は「今年ギフトカードをもらったら、新年がくる前に使ってしまいましょう」とのアドバイスを掲載していた。

 「ポールソン財務長官がテレビに映っているあいだは株価が下がる」。

 ある金融市場参加者はそう話していた。金融機関の大半のディーリングルームでは、経済ニュース専門のCNBCテレビを流しっぱなしにしている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


金融市場異論百出

株、為替のように金融市場が大きく動くことは多くないが、金利の動向は重要だ。日本を代表する日銀ウォッチャーが金融政策の動向を分析、金融政策の動向を予測する。

「金融市場異論百出」

⇒バックナンバー一覧