ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

リニアがチューブを通ったらコンコルドより速い?
NYと北京を2時間で結ぶ「弾丸列車」の現実味

待兼音二郎
2012年6月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
ETTの個室カプセルは6人乗り。窓に相当する部分に、ヴァーチャル・モニタが据えられるという。

 ビルとビルを結ぶ真空チューブ――。古典的なSFパノラマでは定番の画題だ。それは未来的でありながら、丸っこい宇宙船や光線銃と共に、どこか郷愁を誘いもする。

 そんな「空想科学」という言葉の似合うアイテムではあるが、実はアメリカには、真空チューブによる高速列車の実現を目指す共同企業体が存在し、特許も取得して出資者を募っているという。

 その未来交通とは「Evacuated Tube Transport」(真空化チューブ内輸送機関、以下ETT)。最高時速6500kmで、ニューヨークからロサンゼルスまでを45分、北京までを2時間で結ぶと謳う。2003年に退役した超音速旅客機コンコルドの巡航速度がマッハ2(時速約2100km)だから、実にその3倍も高速ということになる。

 なぜそんなに速いのか? 答えは「リニア+真空」だ。磁気浮上式リニアと言えば、すでに上海では市街と空港を結ぶ路線が開業し、最高速度431kmで営業運転している。300kmを超えるとひどく揺れると言われるあのリニアが(もしくは山梨実験線の日本のリニアが)、真空チューブ内を走る様を想像してほしい。

 そこは空気抵抗のない静謐な空間だ。カーブの通過時も、リニアモーターの原理によって側壁と車体が反発し合うため、衝突の懸念もなくスムーズだ。しかもいったん加速すれば、あとは何もしなくても時速6500kmで宇宙飛行のような滑走を続けてくれる。お蔭でETTの燃費は、鉄道の実に50分の1に留まるという。

 建設費の安さもETTの売りだ。チューブの材質は安価なプラスチックで済むため、高速鉄道の10分の1、高速道路の4分の1のコストで建設できるというのだ。さすがにそれは……と眉唾行為に及びたくなるが、そのカギは車両のサイズにある。

 イラストですでにお気づきの読者もいるかもしれないが、ETTは「列車」ではない。6人乗りのコンパクトな円筒型カプセルに、2人×3列で収まる仕組みだ。そのため、真空チューブの直径は1.5メートルで済み、トンネル掘削のコストが劇的に抑えられる。

 そんなにいいことずくめのETTなら、JR東海がリニア新幹線計画に採り入れてもよさそうに思える。しかしその気配はない。真空状態を維持するためのコストはもちろんのこと、その他にもさまざまな難題があるのだ。

 「プラスチック製真空チューブに何かがぶつかって穴が開けば、空気の塊が音速でチューブ内に流れ込み、近くを走行中のユニットに襲いかかる」と、先進テクノロジー系ニュースサイトSingularity Hubでライターを務めるPeter Murray氏は語る。

 それを防ぐには、チューブを二重構造にするなどの防護策が必要だろうし、個室ユニットの直径はチューブに収まる1.3メートルだから、室内の天井高はせいぜい1メートル強にせざるを得ないだろう。となれば、旅客はフルリクライニングに近い姿勢で窓もない個室に閉じ込められ、トイレにも行けないことになる。

 コンコルドが結局敗れ去ったのも、運用コストと機内の窮屈さという大きな問題があったからだ。速いだけが全てではない。だから旅客サービス業は難しい。

 現状では実現が難しそうなETTだが、運用エネルギーコストが極めて低いことは間違いない。ポスト化石燃料時代の新交通システムとしては有望だ。飛行機にせよ弾丸列車(新幹線)にせよ、H・G・ウェルズやジュール・ベルヌの読者たちは夢物語としか思わなかっただろう。

 石油が枯渇した近未来に、安全性の問題をクリアしたETTが列島の大動脈になることも……あるかもしれない。となれば、その頃には廃用となる東名高速道路をETTの敷設ルートにしてはどうだろうか。建設費の大幅な節約になるだろうから。

(待兼音二郎/5時から作家塾(R)


この記事に関連した読者調査の投票結果を見る
(投票期間は終了しています。)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


消費インサイド

今の世の中、いったいどんな商品やサービスが流行っているのか? それを日々ウォッチすることは、ビジネスでヒントを得るためにも重要なこと。世間でにわかに盛り上がっているトレンド、これから盛り上がりそうなトレンドを、様々な分野から選りすぐってご紹介します。

「消費インサイド」

⇒バックナンバー一覧