ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
情報通信法でメディア大激変!!

2010年のデジタル大激変でテレビ局の利権構造は崩壊する

週刊ダイヤモンド編集部
【第2章】 2008年3月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

情報通信法が施行される2011年前後は、日本の情報通信分野の大きな変革のときとなる。地上デジタル放送への完全移行を控える放送局にとっては、その“台風”の中で、通信と放送の融合という、自らの存在意義を危うくしかねない難題にも取り組まざるをえなくなる。 

 テレビほど安い娯楽はない。民放では、24時間365日、あらゆるエンターテインメントが無料で流されている。

 この仕組みが「広告」によって、維持・運営されていることは、現代人にとっては常識だろう。 

 電通の調べによると、2006年の日本の総広告費は5兆9954億円で、そのうちテレビ広告費は30%超を占める2兆0161億円だった。過去3年分を見ると、テレビ広告費は「微減」で、ほぼ横ばいとなっている。

 だが、通信と放送の融合により、この構造は崩れる。放送局が最も恐れるのはそこだ。

 すでに、インターネットを利用した映像配信サービスは数多く存在する(下図参照)。YouTubeのような動画共有サイトも人気だ。

盛り上がる映像配信サービス

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


情報通信法でメディア大激変!!

この4月から総務省の審議会で本格的な議論がスタートする「情報通信法」。「情報」と「通信」の融合を目指すこの法律は、メディアの大再編へと波及すること必至だ。情報通信法は何をもたらすのか。

「情報通信法でメディア大激変!!」

⇒バックナンバー一覧