ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

子どもがフェイスブックを
使えるようになったらどうなるか

瀧口範子 [ジャーナリスト]
【第200回】 2012年6月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 フェイスブックが、子どもにもアカウントが開けるよう準備しているという。フェイスブックにとっては、これは新しいユーザーを確保するだけでなく、まったく新しいビジネスモデルを構築するきっかけとなるが、同時に大きな議論と抵抗を呼び起こしそうだ。

 この場合の「子ども」というのは、13歳以下。だいたい小学生以下の子どもということになる。アメリカでは、13歳未満については「子どものためのオンライン・プライバシー保護法」が適用され、個人情報を収集する際には親の同意が必要とされている。したがって、合法内で子どもがフェイスブックを使えるようにするには、いろいろなしくみが必要となるはずだ。

親が友達承認?常時モニター?
「子ども向けFB」をめぐる問題点

 たとえば、まずアカウント自体が独立したものではなく、親の付属アカウントのように設定されるかもしれない。そうなると、親のアカウントには「友達」とか「グループ」の他に、「子ども」などというカテゴリーができて、ここで子どものフェイスブックでの行動をモニターするしくみがつくられるのかもしれない。

 あるいは、別々のアカウントだとしても、親が友達を承認したり、少なくとも誰が友達になっているのかを常時モニターしたりすることもあるだろう。もっとも緩い場合でも、プライバシー設定をすべて「オプトイン」するようなことが必要だろう。つまり、デフォルトは個人情報や書き込みを共有するのは「友達だけ」など、プライバシーが高いものに設定されていて、それを緩めるにはわざわざプライバシー設定にアクセスして内容を変更しなければならないという風に、だ。

 いずれにしても、実際にフェイスブックが子ども向けにアピールし始めると物議を醸し出すことは間違いない。これまで大人のユーザー相手でも、プライバシー設定をコロコロと変えてきた上、ユーザー・データを広告のために売り飛ばしているのに、フェイスブックはその詳細を明らかにしないことで悪名が高い。そんなサイトを一体信用していいものかという意見が大方を占めるだろう。

 ただ、そうは言うものの、すでにフェイスブックにはたくさんの子どものユーザーがいる。ある調査によると、9億人のフェイスブック・ユーザーのうち、750万人は子どもで占められているという。さらにそのうちの500万人は10歳以下だと推定されている。

 そうした子どもは自分の年齢をごまかして登録している場合もあるが、親が子どものためにアカウントを開いている例もずいぶんな数に上るらしい。フェイスブックは13歳未満の利用を禁止してはいるが、実際に年齢を確認するすべはないため、ほんの建て前だけの禁止に終わっているのだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

瀧口範子 [ジャーナリスト]

シリコンバレー在住。著書に『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』(共にTOTO出版)。7月に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか?世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』(プレジデント)を刊行。


ビジネスモデルの破壊者たち

シュンペーターの創造的破壊を地で行く世界の革新企業の最新動向と未来戦略を、シリコンバレー在住のジャーナリストがつぶさに分析します。

「ビジネスモデルの破壊者たち」

⇒バックナンバー一覧