ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

マイクロソフトの「ヤマー」買収で大注目!
企業向けSNSであなたの職場はこう変わる!

瀧口範子 [ジャーナリスト]
【第201回】 2012年6月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2

 つまりは、仕事をする上で必要な情報がすべてこの社内ソーシャルネットワークの画面でできるのに加えて、そこで共同作業が簡単にでき、社内で起こっていることが一目でわかるというわけだ。よくよく見てみると、通常のソーシャルネットワークよりはよほど使い勝手がいいというか、使う意味があるというか、そんなことまで思わせるのだ。

 サービスによって多少の違いがあるものの、企業向けソーシャルネットワークというのは、だいたい上記のような機能で成り立っており、現在ヤマーの他にも数々の新興企業がその開発を手がけている。IBMやシスコのような大企業も進出しているし、一時ヤマーの買収を検討したこともあるというクラウド型顧客管理ソフト開発のセールスフォースは、自前で作った企業向けソーシャルネットワーク、チャターが大人気になっている。

優れた社員も上司の影に隠れない!
企業向けSNSの意外な効用

 社内でソーシャルネットワークを使うと、仕事の効率が高まるといった明らかな利点の他にも、意外な効果もあるという。たとえば、仕事のチームで緊密な連携を取り合ってプロジェクトのモメンタムを保てることも、そんなひとつだ。セールスの攻めに入っている時などは、役に立つだろう。

 また、最も大きいな効果は、組織のフラット化にもつながることとも言われる。誰もが投稿できるので、優れた仕事をする社員が上司の影に隠れることなく、皆の目に留まる。命令も上から下へ向かうのではなく、タスクを「共有」するというかたちで伝わるようになる。ツールによって、組織自体が変化を迫られるというわけだ。

 いずれにしても、マイクロソフトはヤマーを買収することによって、自社のオフィス関連ソフトのラインアップに新風を吹き込んだ。12億ドルともうわさされているこの買い物をうまく活用できるかどうかは、マイクロソフトの腕次第である。


この記事に関連した読者調査の投票結果を見る
(投票期間は終了しています。)

previous page
2
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

Special PR


facebookもチェック

瀧口範子 [ジャーナリスト]

シリコンバレー在住。著書に『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』(共にTOTO出版)。7月に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか?世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』(プレジデント)を刊行。


ビジネスモデルの破壊者たち

シュンペーターの創造的破壊を地で行く世界の革新企業の最新動向と未来戦略を、シリコンバレー在住のジャーナリストがつぶさに分析します。

「ビジネスモデルの破壊者たち」

⇒バックナンバー一覧