ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ビジネスパーソンが知っておくべき会社の数字の活かし方
【第4回】 2012年6月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
森岡 寛 [キャッシュフローマネジメント株式会社/財務マネジメント株式会社代表取締役]

会社に貢献する社員は
「限界利益」と「貢献利益」を意識して働く

1
nextpage

第3回では、ビジネスパーソンが決算書を読む力、そして決算書を加工する力についてお伝えしてきました。第4回では、ビジネスパーソン自身が貢献社員になるために意識すべき数字についてお伝えします。

売上至上主義の時代は終わった!

 営業職の方々を中心に、多くのビジネスパーソンが評価される数字といえば「売上」や「新規契約件数」を連想されるのではないでしょうか。もちろん、これまでも多くの会社で、この2点が評価軸の中心となってきました。

 たしかに、これらは売上や件数の規模を求める高度成長時代には、合致していた方法だと思います。

 しかし、成熟期に入っている現在の環境下においては、合理的な評価軸とは言いづらくなってきているのも事実。

 では、量より質を求める時代に突入した現在の企業経営スタイルで、ビジネスパーソンは自分の評価軸をどこに置けば良いのでしょうか?

 そのキーワードとなるのが「限界利益」「貢献利益」という2つの利益です。

「限界利益」と「貢献利益」を意識して行動する

 これについては、第3回でお伝えした「変動損益計算書」を応用して考えてみましょう。

 変動損益計算書では、会社で発生する経費を変動費(売上の増減に伴って増減する経費)と固定費(売上の増減に関係なく一定額発生する経費)に区分します。

 そして、売上から変動費を差し引いた数字を限界利益、限界利益から固定費を差し引いた数字を経常利益として計算します。

 ここでの変動費は、単純に材料や商品の仕入れだけでなく、売上や仕入に連動して発生するロイヤリティや販売手数料等も加えて計算します。 

 では、具体的な数字で2人の社員の営業成績を比べてみましょう。

  ・社員Aの営業実績:売上1000万円、変動費600万円、限界利益400万円
  ・社員Bの営業実績:売上800万円、変動費300万円、限界利益500万円

 この例で見た場合、従来の売上だけによる評価で考えると、あくまで社員Aが優秀と言えます。しかし、会社としては売上の「量」ではなく利益の「質」を評価軸に考えますので、最終的にどれだけの利益を残せるかが評価ポイントです。

 このため、限界利益の面で考えると、貢献度合いが高いのは社員Bということになります。

 このように、ビジネスパーソンとしては、目線を売上だけにおくのではなく、限界利益率が高く、なおかつ限界利益額を獲得できる商品・サービスを重視して、仕事に取り組む必要があります。

 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


森岡 寛(もりおか・ひろし) [キャッシュフローマネジメント株式会社/財務マネジメント株式会社代表取締役]

1974年生まれ。高知県高知市出身。実家は製麺卸売業を営む。近畿大学在学中、会計学研究会に所属し、管理会計の研究に従事。卒業後、会計事務所勤務を経て、2003年起業。 起業後は、東京・大阪で中小企業のキャッシュ・フロー改善に特化した財務コンサルティングを展開。 現在は「キャッシュフローの専門家」として、講演・執筆・コンサルティング業務に従事する一方、ITツールを活用してワークライフバランスの充実に努めている。妻と子供2人の4人家族。 著書に『マンガで入門! 会社の数字が面白いほどわかる本』、『社長のための黒字の教科書』(ともにダイヤモンド社)がある。
http://www.cashflow.co.jp
http://www.zaimu.net

 


ビジネスパーソンが知っておくべき会社の数字の活かし方

ビジネスをするうえで「会社の数字」は避けて通れません。著者の森岡寛氏はキャッシュフローの専門家として、これまで数多くの中小企業の財務改善に携わってきました。そんな中で実感したのが、「会社の数字を苦手にしている人がなんて多いのか!」という事実。本連載では、「ビジネスパーソンが知っておくべき会社の数字の活かし方」を全5回にわたって紹介してもらいます。

 

「ビジネスパーソンが知っておくべき会社の数字の活かし方」

⇒バックナンバー一覧