ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
China Report 中国は今

先端技術で海外に活路を!
上海市場で勝負に出た日本の繊維企業

姫田小夏 [ジャーナリスト]
【第21回】 2009年3月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ワシントンで行われたオバマ大統領の就任式で、ミシェル夫人が着用していたニナ・リッチのカーディガンが注目されている。なんとニット糸は山形県の佐藤繊維が製造した国産。日本の繊維技術にスポットライトが当たり、世界に発信されたこの映像がきっかけで、同社は今、引く手あまたの商談が舞い込みその対応に追われている。

 「次はうちが……」と夢を抱く企業も少なくない。新潟県五泉市の企業もその一つだ。五泉市もまた高級ニットの産地、その歴史は半世紀近くにも及ぶ。最新鋭のコンピューター編機を駆使したそのニット製品は、海外製品と比べ発想も感性も違う。ニット製品といえば、モコモコしたセーターを想像しがちだが、五泉市の技術を駆使すれば、ニットとは思えない薄手でかつ繊細な風合いを表現できてしまう。中国はおろか、世界的にもまず存在しない技術だといっていいだろう。

「日本ブランド」ではなく
中国人デザイナーを前面に

 この「ジャパンクオリティ」が世界市場で受け入れられないわけがない――。そんな確信のもと、五泉市の丸金商事が海外への売り込みに動き出した(*1)。照準は上海市場。今や1億円以上の資産を持つ人たちが5000万人も存在すると言われる中国、上海にはその富裕層が集まる。上海のファッション市場は、シャネル、プラダなどのラグジュアリーブランドの「アッパー」が先行して牽引し、最近になってH&M、ユニクロらが「ロワー」を形成し始めた。そんな段階にあって、実は真ん中の「ミドル」が空白といった状態で、進出の好機も到来している。

 丸金商事の事業展開にあたって商品化計画・プロモーションなどを行うIBD事業開発研究所株式会社(東京都)代表取締役の島田浩司さんはこう語る。「それは日本のファッションの流れに酷似する。60年代以降、ファッションといえば海外ブランドでしかなかった。そんな高級マーケットに、80年代になってようやくその中間価格帯を行く、イッセイミヤケやKENZOなどのデザイナーズブランドが生まれた。上海にはまだそれがないし、まさにこれからなんです」

 その彼が目を付けたのが、中国人デザイナーの謝家斎さん(新疆ウイグル自治区の出身)だ。謝さんを起用し、この中間価格帯にズバリはまる高級感あるドレスをデザインしてもらおうというのだ。そんな計画を披露する記者会見が3月19日に行われる(*2)。ターゲットは日常的に宴会やパーティが繰り返される新興の富裕層だ。

(*1)同事業は地域産業資源事業計画((独)中小企業基盤整備機構)の認定を受けている。
(*2)09年3月19日、上海世貿商城(上海市)で記者会見を行う予定。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

姫田小夏 [ジャーナリスト]

ひめだ・こなつ/中国情勢ジャーナリスト。東京都出身。97年から上海へ。翌年上海で日本語情報誌を創刊、日本企業の対中ビジネス動向を発信。2008年夏、同誌編集長を退任後、「ローアングルの中国・アジアビジネス最新情報」を提供する「アジアビズフォーラム」主宰に。語学留学を経て、上海財経大学公共経済管理学院に入学、土地資源管理を専攻。2014年卒業、公共管理修士。「上海の都市、ビジネス、ひと」の変遷を追い続け、日中を往復しつつ執筆、講演活動を行う。著書に『中国で勝てる中小企業の人材戦略』(テン・ブックス)、共著に『バングラデシュ成長企業 バングラデシュ企業と経営者の素顔』(カナリアコミュニケーションズ)。

 


China Report 中国は今

90年代より20年弱、中国最新事情と日中ビネス最前線について上海を中心に定点観測。日本企業の対中ビジネスに有益なインサイト情報を、提供し続けてきたジャーナリストによるコラム。「チャイナ・プラス・ワン」ではバングラデシュの動向をウォッチしている。

「China Report 中国は今」

⇒バックナンバー一覧