ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
寝る前1分 記憶術
【第2回】 2012年7月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
高島徹治 [勉強コンサルタント]

勉強してすぐ寝ると、
次の日もずっと覚えている

1
nextpage

睡眠中の脳の活動を有効に使うためには、寝る前の時間をどのように過ごすかが大切になる。寝る前30分、寝る直前の1分に何をすればいいのか。そして、朝起きてからのちょっとしたことで、さらに記憶を定着させることができるという。53歳から資格の勉強を始め、91もの資格試験に合格した高島徹治氏の成功の秘訣とは?

寝る前の30分は
自分だけの時間にする

 睡眠中の脳を有効に使うためには、「夜」の使い方が重要になります。

 「夜」の中で大事なのは、寝る前の時間です。だいたい寝る30分くらい前からの過ごし方を変える。休息のために寝る準備をするのではなく、翌朝目覚め、そして爽やかな気分で活動するための準備時間をしっかり確保するのです。

 30分前までは何をしてもかまいません。お酒を飲んでもいいし、インターネットを楽しむのもいいでしょう。家族団欒も人生の楽しみですね。でも、寝ようと思う時間の30分前になったら、一人になって自分だけの時間を過ごすようにします。

 ここで気をつけたいのは、夢中になって30分が1時間になったり、2時間になったりしないようにすることです。

 たとえば、勉強時間に充てたり、明日の仕事のために企画書をまとめたりしたとしても、30分でキッパリと切り上げます。ズルズル時間延長をしてはいけません。

大切な直前1分で
「夢活動」の準備をする

 さて、30分の時間を一人で過ごし、いよいよ寝る時間になったとき――ここが最も大事なポイントです。時間にしておよそ1分。この1分間に何をするかで、次の朝が大きく変わってくるのです。

 朝が変わるというのは、人生が変わることにつながります。すごくポジティブな気持ちで朝を迎えられるのですから、1日中、ポジティブな気分でいられるようにもなります。こうした日々を繰り返していけば、人生全体がより前向きに、よりハッピーになっていくわけです。

 その人生をハッピーにする寝る前の最後の1分。成否はここにかかっています。私は53歳になってから資格試験の勉強を始めて、91の資格試験に合格しましたが、最大の勝因は、この1分にあったのではないかとさえ思っています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


高島徹治 [勉強コンサルタント]

勉強コンサルタント、資格コンサルタント。早稲田大学政治経済学部を中退後、週刊誌記者、編集プロダクション社長等を経て、会社経営から引退したのをきっかけに、1990年より資格を取り始め、現在では90を超える資格をもつ。資格や勉強をテーマにした講演、執筆・新聞等への寄稿やテレビ出演など幅広く活動している。著書は『「寝る前30分」を変えなさい』(PHP文庫)、『すごい「勉強法」』(知的生きかた文庫)、『図解でわかる! できる人の「朝90分」』(中経の文庫)、『もっと効率的に勉強する技術!』(すばる舎)、『図解式 史上最強の資格勉強術!』(ナツメ社)など50冊を超える。


寝る前1分 記憶術

誰もが無駄にしがちな就寝前の時間。ただボーっとしているだけなんてもったいない。睡眠記憶の仕組みを最大限活用する方法――寝る前の1分間に、どんな勉強をすればいいのか――を「勉強コンサルタント」の高島徹治氏が伝授します。記憶力の落ちる中高年になって資格試験に次々合格した効率的な記憶・暗記ノウハウです。

「寝る前1分 記憶術」

⇒バックナンバー一覧