ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
寝る前1分 記憶術
【第1回】 2012年7月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
高島徹治 [勉強コンサルタント]

睡眠中の脳を利用して
記憶力をアップさせよう!

1
nextpage

寝ている間、脳は休んでいるわけではない。睡眠メカニズムの研究によって、レム睡眠のとき、脳が活動していることは明らかになっている。この睡眠中の脳の活動に注目し、記憶の整理・定着化を突き詰めて「寝る前1分 記憶術」を編み出した勉強コンサルタントの高島徹治氏に、そのポイントをうかがった。

眠っている間にも
脳はしっかり活動している!

 「睡眠革命」という言葉を聞いたことがあると思います。グッスリ眠るためのセラピー療法などにも使われますが、そちらは宣伝文句です。私のいう「睡眠革命」とは、これまでカゲの存在だった睡眠が覚醒時に勝るとも劣らない主役に躍り出てきた、という話です。

 睡眠は単なる「休息」の役割しかないと誰もが思っていたところ、脳科学の専門家たちが睡眠のメカニズムを研究し、その結果、脳は私たちが眠っているときにもよく働き、覚醒後の脳の働きにも大きな影響を与えることがわかったのです。

 いうならば、睡眠は「使える」ということになります。

 これはすごい研究成果だと思います。なにしろ、これまで私たちは「眠っている時間は脳も眠っている」と思い込んでいたのが、眠ってはいなかったのですから。

 私たちが「脳も休息させなければ」と、目をつぶって休息を与えていたところ、脳のほうは違っていたのですね。

 脳が自分で働いていた証しもあります。「夢」です。夢は、私たちの意思とは無関係に脳が働いているからこそ見るものです。

 脳の専門家たちはこの「夢」の生成過程に注目しました。私たちが見る夢は、どこかで起きているときの出来事や思いとつながっています。前日の出来事とつながっていたり、いつも考えていたり気にしていることと関係していたり、あるいは10年前の出来事につながっていたり、20年前の出来事と重なったりします。

次のページ>> 夢は記憶の再生工場
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


高島徹治 [勉強コンサルタント]

勉強コンサルタント、資格コンサルタント。早稲田大学政治経済学部を中退後、週刊誌記者、編集プロダクション社長等を経て、会社経営から引退したのをきっかけに、1990年より資格を取り始め、現在では90を超える資格をもつ。資格や勉強をテーマにした講演、執筆・新聞等への寄稿やテレビ出演など幅広く活動している。著書は『「寝る前30分」を変えなさい』(PHP文庫)、『すごい「勉強法」』(知的生きかた文庫)、『図解でわかる! できる人の「朝90分」』(中経の文庫)、『もっと効率的に勉強する技術!』(すばる舎)、『図解式 史上最強の資格勉強術!』(ナツメ社)など50冊を超える。


寝る前1分 記憶術

誰もが無駄にしがちな就寝前の時間。ただボーっとしているだけなんてもったいない。睡眠記憶の仕組みを最大限活用する方法――寝る前の1分間に、どんな勉強をすればいいのか――を「勉強コンサルタント」の高島徹治氏が伝授します。記憶力の落ちる中高年になって資格試験に次々合格した効率的な記憶・暗記ノウハウです。

「寝る前1分 記憶術」

⇒バックナンバー一覧