ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
なぜ「つながる」ほどに「疲れ」を感じるのか?
【第2回】 2012年6月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
小川和也 [グランドデザイン&カンパニー代表取締役社長]

Facebookで「仮面」をかぶる就活生
――ソーシャルメディア・アイデンティティの光と影

1
nextpage

「つながるのって結構疲れるんだな」
TwitterやFacebookでのコミュニケーションを楽しみながらも、時にそれらを重荷にも感じてしまうことはありませんか――。
そんな問いかけから始まり、「つながり疲れ」の本質と処方箋に迫る本連載。第2回は、Facebook上で「好意」を集められるような「仮面」をかぶってしまった就活生のエピソードから、「ソーシャルメディア・アイデンティティ」という問題を読み解く。
1日に40億もの好意――いいね!――が飛び交う世界で、振り回されずに生きるにはどうすればいいのだろうか。

「味」じゃないモノサシで評価された料理

 「男の料理教室」に通い始めた知人がいる。

 あるとき彼は、そこで覚えた料理を自宅で作り、iPhoneで写真を撮ってFacebookに投稿してみた。2時間くらい経った頃になにげなくFacebookを覗いてみたところ、30人以上の「いいね!」が押され、「お上手!」「美味しそう!」といったコメントも10件ほど寄せられた。

 正直、まだまだ初心者で、他人に振る舞うほどのレベルではないと自認している。だが、Facebookの中では、味ではなく料理を作るようになったという試み自体が賞賛され、最終的には80人ほどの「いいね!」と20件ほどのコメントが集まった。当の本人はそのことを、「たいした腕前でもないのに、一流の料理人にでもなったかのような感じだよ」と謙遜していたが、とても嬉しそうに語っていた。

 これがきっかけとなったのだろう、料理教室通いとFacebookへの料理の写真投稿は、以前にも増して熱心だ。

40億もの「好意」がさらされる世界で

 自分(の投稿)に対する「好意」の集積が「他人の目にさらされる」という喜び。前回の記事で「薬効」としてとりあげたこのポイントこそが、料理の共有にハマった彼のように、ユーザーが自分から積極的に投稿しようとする最大の理由だろう。

 今日のFacebook上では、投稿や「いいね!(Likeボタン)」を押して人に共有するという行為が、1日で40億件ほどなされているという。その共有行為に対する金銭的な報酬などない。報酬なき自発的行為を支えているのは、まさに「好意」の共有がもたらす快感に他ならない。誰だって、自分に「好意」を示されることは嬉しいはずだ。

 Facebookは歴史上で最も「好意」のやり取りを簡便にしたと言っても過言ではなく、その喜びを世界中の人々が享受している。Facebookが世界中で多くのユーザーを獲得し、中国の総人口約13億人、インドの総人口約12億人に次ぐ巨大国家レベルのユーザー規模を持つまでに至ったことは、その喜びに人々がいかに酔いしれているかを象徴的に表している。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


小川和也 [グランドデザイン&カンパニー代表取締役社長]

グランドデザイン&カンパニー代表取締役社長。西武文理大学特命教授。
1971年生まれ。1995年慶応義塾大学法学部卒業後、大手損害保険会社勤務を経て、2004年にグランドデザイン&カンパニーを創業。テクノロジー×クリエイティブの視点で、ソーシャルメディアとモバイルを軸としたインターネット事業を手がける。その黎明期から、ソーシャルメディアを中心とした題材の執筆や講演を多数行っており、ソーシャルメディアの普及とその背後にある課題等を論じ続けている。


なぜ「つながる」ほどに「疲れ」を感じるのか?

twitterやfacebookが世界中で利用されるようになり、「社会インフラ」として定着してきた感のあるソーシャルメディア。使わないと乗り遅れそうで始めてみたものの、何となく手を余してはいないだろうか。そして使っているうちに、どこか「行き詰るような疲れ」を感じてはいないだろうか。
ソーシャルメディアは人を魅了する一方で、気疲れも与えうるものでもある。
本連載では、twitter、facebookやmixiなどのソーシャルメディアの特性をよく知る著者が、自身の体験と寄せられる相談などから得た実例をもとに、多くの人々が潜在的に抱えている「ソーシャルメディア以降の人間関係や人とのつながりのあり方」に対するモヤモヤ感を言葉化して解消していく。それと同時に、これから先の動向を探り、それに即した人間関係の築き方、ソーシャルメディアを用いた「ほんの少しラクなつながり方」までを提示する。

「なぜ「つながる」ほどに「疲れ」を感じるのか?」

⇒バックナンバー一覧