ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
チェーンストアエイジThe Interview

エー・ピーカンパニー社長 米山 久
お客さまが喜ぶことを商売として成立させる
5年後以降に海外にも集中出店!

チェーンストアエイジ
【第59回】 2012年7月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

1次産業や2次産業出身者を採用

エー・ピーカンパニー社長 米山 久

──「皿の上だけで考えない」という持論が大変印象的でした。そもそも「川上」に遡っていった理由は何ですか。

米山 最初から第1次産業を活性化しようと考えていたわけではありませんでした。もともとは仕入原価の高い地鶏を“感動価格”で提供したら喜ぶお客さまがいらしたということが始まりです。でも、それではビジネスとしては赤字になってしまいます。そこで“感動価格”を維持したまま、企業努力によって商売として成立させるにはどうするかを考え、その方法を探しました。魚の場合も同じで常にこの順番でビジネスを進めています。

 当社は早い段階で1次産業や2次産業出身者を採用しました。だから、飲食業の常識だけで考えるのではなく、食品産業全般のノウハウを当社のビジネスモデルに生かすことができました。これが競合他社との大きな違いになったと思います。

 生産者や地方の行政がビジネスパートナーになると、第1次産業の厳しい実態が見えてきました。従事者の高齢化が進み、安く買いたたかれて疲弊しているのです。当社の生販直結の取り組みが従事者の生活に貢献できるということに途中で気づかされました。

──現在、小売業界では「利は元にあり」と「川上」に遡ろうとする企業が増えています。

米山 当然、当社も価格優位性については考えています。しかし、ただ単に価格優位性を追求すると「安売り」だけになってしまいます。

 農業や食品関連産業の国内生産額は96兆円と言われています。そのうち、農業・漁業生産額は11兆円です。生鮮食品や加工食品の原料をつくる生産者は安く買いたたかれ、消費者は高く買わされていると言えます。そこに焦点をあてて企業努力をすることが、お客さまに響くのだと考えています。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

チェーンストアエイジ

『チェーンストアエイジ』誌は、創刊40年を迎える隔週発行の流通ビジネスマン必携・必須の情報誌です。マーケティング&イノベーションにつながるビジネスヒントを満載。徹底的に現場を取材し、データにこだわることで流通業界内外において、キラリと異彩を放っています。GMS(総合スーパー)、食品スーパー、コンビニエンスストア、ドラッグストア、ホームセンター、専門店チェーン、インターネットリテーラーほか、卸売業、製造業など最新・最重要なニュースとデータをご提供します。
最新号の内容・購読お申し込みはこちら


チェーンストアエイジThe Interview

『チェーンストアエイジ』誌の編集長が、折々、流通業界でもっとも注目されているトップに猛烈接近して、読者の聞きたいタイムリーな回答を引き出します。

「チェーンストアエイジThe Interview」

⇒バックナンバー一覧