ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
美人のもと

サラサラ催促

西村ヤスロウ [広告プランナー]
【第137回】 2012年7月30日
著者・コラム紹介バックナンバー

 頼んだはずのものがなかなか来ない。なんとなく遅れて来る気がする。本当に来るのか心配。とりあえず経過だけでも知りたい。

 誰でも、催促したくなるときがある。

 しかし、催促はあまりしたくないものだ。されて気分が悪くなることがあるからだ。あんまり急かすなと。

 美人は催促がうまい。催促されて気分が悪くなるどころか、きちんとしているんだなと思う。気分がよくなり、本当に急いでやろうと思うのだ。美人だから頑張るのではなく、催促のしかたに表れている。

 催促のうまさ。それは粘度で表すとわかりやすい。うまい催促は粘度が低い。サラリとしている。シンプルで言葉は少なく、しかも応援してくれている。さわやかな風が吹いた感じ。厳しさと共に笑顔で短くだ。

 粘度が高い催促はつらい。ネットリとした催促だ。しつこくからみついて、急ごうにも動けなくなってしまうような催促。いやな気持しかつくらない。

 何がネットリをつくるのか。それは催促する側の事情をあれこれ伝えることである。誰かが急に怒り始めたとか、上司にしつこく聞かれているとかという話から、自分の家庭の事情の話など関係ないことまで次々出てくる。ずっと困った顔をしている。困った話を共有させようと必死。そしてたいていしつこい。困った話を無理やり押しつけられたら、急ぐこともできなくなってしまう。

 その困った顔は「美人のもと」を減らしていく。「美人のもと」がドロドロになって出ていってしまう。

 こちらには関係ない話をされるたびにネットリしてくるのだ。困った話は自分の話として、伝えるときは、急いでほしいことだけを伝えればいいのだ。相手に関係ない話は絶対にしないことだ。「美人のもと」もサラサラにして循環させるべきだ。

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

西村ヤスロウ [広告プランナー]

1962年生まれ。プランナー。趣味は人間観察。著書に『Are You Yellow Monkey?』『しぐさの解読 彼女はなぜフグになるのか』などがある。


美人のもと

『経』に好評連載中の西村ヤスロウ氏によるエッセイ。「美人のもと」とは、女性なら誰しも持っているもの、「美人のもと」を磨き続けるためのコツを解き明かす。

「美人のもと」

⇒バックナンバー一覧