ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
堀尾研仁の“使える!ゴルフ学”

【第30回】アマチュアゴルファーのお悩み解決セミナー
Lesson30「中~上級者のための風の「読み方」と風の『使い方』」

堀尾研仁 [ティーチングプロ]
【第30回】 2010年2月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ゴルフというゲームには、スウィングづくりだけでなく、スコアメークという大事な要素があります。そこで今回から実戦編として、コースマネジメントに関するテーマを取り上げていきます。

 まずは、空中のハザードと呼ばれる「風」についてです。ボールをまっすぐに飛ばしても、実戦ではそれがナイスショットになるとは限りません。打球が風に大きく流されて、OBや池、バンカーにつかまるかもしれないからです。

 しかも、風が打球に与える影響は予想以上に大きく、ほんのわずかな風でも、弾道や飛距離、落下してからのボールの転がりなどが変化します。ベタピンのショットをつくり出すには、風を正確に読むことが必須条件なのです。

コースの全体図を見て、風の大きな流れをつかんでおく(右)。雲の流れ方を見ると、おおまかな風向きがわかる(左)

 ポイントは、風の「大きな流れ」をつかんでから、「小さな流れ」を読むこと。いちばんわかりやすいのが雲の流れです。空を見上げて、雲がどのように流れているかをチェックすれば、大きな風の流れがわかります。それをスコアカードの裏などにあるコースの全体図に記入しておきましょう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

堀尾研仁 [ティーチングプロ]

1971年生まれ。レッドベターに師事し、2003年に独立。プロからアマチュアまで幅広くレッスン活動を行なっている。HPでインターネットレッスンも開講中。


堀尾研仁の“使える!ゴルフ学”

ビジネスマンにとって、ゴルフはビジネスにおいてもプライベートにおいても重要な「コミュニケーションの場」。そこで、初心者でも楽しく効率的に上達できる方法を徹底レッスンします。

「堀尾研仁の“使える!ゴルフ学”」

⇒バックナンバー一覧