ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金融市場異論百出

「世界初」と盛り上がるも肩透かし
スウェーデンのマイナス金利策

2009年9月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ヨーロッパのマスメディアのあいだで最近、マイナス金利政策が話題になっている。10年近く前に日本で行なわれていた議論とそっくりの話が繰り返されている。

 きっかけはスウェーデンにある。同国の中央銀行リクスバンクは、7月の金融政策委員会で政策金利であるレポ金利を0.25%に引き下げると同時に、預金ファシリティ(同行が銀行から預かる超過準備に利息を支払う制度)の金利を▲0.25%に決定した。

 マイナス金利ということは、準備預金を同行に預けた金融機関は、利息を支払わなければならない。世界で初めての政策だと英「フィナンシャル・タイムズ」等は賞賛した。マイナス金利をいやがる金融機関が、超過準備を市中に流すことを促す政策だと報じられた。

 ところがである。当のリクスバンクが、9月2日に、マイナス金利政策は意図していないことを説明する声明文を発表したのである。「預金ファシリティのマイナス金利は銀行に影響を与えていない。制御システムは、従来とまったく同じ方法が継続されている」。

 同行は、銀行の手元に超過準備がほとんど残らないよう、短期の資金吸収策を使って余剰資金のほとんどを吸い上げている。マイナス金利が適用される超過準備は無視できるわずかな残高でしかない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


金融市場異論百出

株、為替のように金融市場が大きく動くことは多くないが、金利の動向は重要だ。日本を代表する日銀ウォッチャーが金融政策の動向を分析、金融政策の動向を予測する。

「金融市場異論百出」

⇒バックナンバー一覧