ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
野口悠紀雄 未曾有の経済危機を読む

「対前年同月比」と「対前月比」でここまで違う!危機の実態を正確につかむ経済データの読み方

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]
【第13回】 2009年3月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 経済の急激な落ち込みが続いているので、経済指標に対する関心が高まっている。

 ところで、これらの指数の変化は、「対前年比」で示されているものと、「対前期(月)比」で示されているものがある。

 これまでは、こうした表現法の違いをあまり意識していなかったのだが、最近のように変化が激しくなってくると、どの尺度で見るかによって、印象がかなり異なってくる。以下では、これに関する留意点を述べよう。

 結論をあらかじめいえば、最近のように変化が激しいときには、「対前期比の年率換算値」を見るのが、変化率を適切にとらえるにはよいだろう。対前年比を見ていると、誤解に陥る場合がある。

 そのことを示すために、まず仮想の数値例を考えてみよう(【表1】参照)。

 仮に、ある指標の値が、長期間100を続けていたが、08年10月に急激に落ち込んだとする。毎月10ずつ減少し、09年3月に40になるまで落ち込みが続き、4月からは40で不変になったとする。

 この場合、指標の絶対値、対前年同月比、対前月比、対前月比年率は、表のA、B、C、Dに示すように変化する。これを見ると、つぎのことがわかる。

【表1】変化を見るさまざまな尺度(数値例)

(1)表のB欄に示す「対前年同月比」は、08年10月以降、月がたつほど絶対値では大きな数字となってゆく。

 これは、水準が次第に低まってゆくことを示しているのだが、減少率自体が高まっているような錯覚に陥ることがある。また、変化が始まった最初の段階では数字が小さいので、影響を過小評価してしまう危険もある。

 また、落ち込みが終わって横ばいの状態に移行してから後も、しばらくの間は対前年比の数字がマイナスで拡大し続けることがある。表に示す数値例の場合、09年4月には落ち込みは終わっているのだが、対前年比はマイナスだ。これが09年9月まで続く。それ以降は絶対値は小さくなるものの、マイナスの数字が10年2月まで続く。したがって、減少過程が依然として続いているかのごとき錯覚に陥る。つまり、落ち込みの度合いを過大評価してしまう危険があるわけだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
消費税だけでは財政再建できない!「日本を破滅から救うための経済学」

経済論争の最大のトピック=デフレ問題から、赤字国債発行の問題点、年金の破綻、消費税増税、円安誘導の為替政策まで、主要論点を網羅。いずれのテーマでも、通説と一線を画す内容に驚愕すること必至。綿密なデータの読み込みに裏付けられた、野口教授のマクロ経済政策論!1680円(税込)

話題の記事

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]

1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。主な著書に『情報の経済理論』『財政危機の構造』『バブルの経済学』『「超」整理法』『金融緩和で日本は破綻する』『虚構のアベノミクス』『期待バブル崩壊』等、最新刊に『仮想通貨革命』がある。野口悠紀雄ホームページ

------------最新経済データがすぐわかる!------------
『野口悠紀雄 使える!「経済データ」への道』


野口悠紀雄 未曾有の経済危機を読む

突如として世界中を襲った経済危機。激流に翻弄される日本経済はどうなってしまうのか? なすべき対策はあるのか? 100年に1度の未曾有の事態を冷静に分析し、処方箋を提示する野口悠紀雄の緊急連載!

「野口悠紀雄 未曾有の経済危機を読む」

⇒バックナンバー一覧