ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

実は似ているトヨタとホンダの未来戦略
ハイブリッド技術提携の意外な可能性

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第25回】 2010年1月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 昨夜1月16日、外気温は氷点下20度近くまで下がった。この時期のデトロイトとしては、ここ数年で最も寒く、カナダと国境を介するデトロイト川には氷が張った。

 5日前の1月11日(月)午前10時5分。北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー)のメイン会場に隣接する「リバービューボールルーム」でトヨタ自動車の記者会見が始まった。

 まず、壇上にはいつものように、司会役で環境分野兼広報担当筆頭副社長のアーブ・ミラー氏が立った。椅子席の最前列の中央には、トヨタの北米事業全体の責任者で、米国と中国で強固な販売体制を確立したことで知られる稲葉良睨氏の姿。北米事業を稲葉氏に一任しているトヨタ本社の豊田章男社長の姿はないが、同本社で技術と商品企画を統括する内山田竹志副社長は出席していた。

1月にデトロイトで開かれた北米国際自動車モーターショーでトヨタ自動車が発表した「FT-CH」。見た目は、まさに“ミニ・プリウス”

 ミラー氏は2009年のトヨタ北米事業について、リーマンショック後の販売不調から徐々に立ち直りをみせていることを強調。フロアマットなどリコール問題については深く触れず、スピーチをTMS(トヨタ・モーター・セールス/北米トヨタ販売本部)のジム・レンツ社長にバトンタッチした。

 レンツ氏は、トヨタの北米事業全般にさらっと触れてから、「あなたがある朝、目を覚ましてみると、そこは…」というかなり強引な話の持っていき方で「2010年時点のトヨタの姿」から「未来の自動車社会のあり方」へと話題を移した。

 そして、トヨタの次世代車は、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、EV(電気自動車)、燃料電池車、クリーンディーゼル車などが、共栄共存することが望ましいと主張した。なかでも、トヨタの次世代車の中核である(2009年までに世界市場で合計53万台の販売実績を持つ)ハイブリッド車については、強気な計画を打ち出した。近年中に世界市場での年間販売台数目標を100万台とし、2010年代前半に8車種の新型ハイブリッド車を投入するとした。

 そして、まばゆいイエロー光線を四方八方から浴びながら、本日の主役「FT-CH」がバックサイドからせり出してきた。その風貌、大方の予想通り「ミニ・プリウス」だった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧