ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

歴史的第一歩「LNG産消会議」の現場で感じた
米政府が描く天然ガス車戦略の“思惑”

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第127回】 2012年10月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

初のLNG世界会議が
東京で開催

第一回LNG産消会議の講演者たち。前列中央は主催者を代表して、枝野幸男・経済産業大臣 Photo by Kenji Momota
拡大画像表示

 日本は、世界最大のLNG(Liquefied Natural Gas/液化天然ガス)輸入国だ。

 東京電力・福島第一原子力発電所の事故後、全国各地で原発の再稼働が社会問題化するなか、電力源として火力発電への転換が進んだ。そのなかでLNGの輸入量は拡大。2010年の7000万トンから、2012年は9000万トン程度になる見込みだ。

 天然ガスに関して、筆者は近年、日米各地で取材を進めている。

 そのなかで、アメリカで2005年頃から生産量が急増し、いわゆる「シェールガス革命」と言われる、泥土が固まった頁岩(けつがん)に含まれる天然ガスについても調べている。今年5月には本連載第112回で米国のシェールガス事情とCNG(Compressed Natural Gas/圧縮天然ガス)車の普及について紹介した。

 さて、2012年9月19日、東京でLNGに関する歴史的なカンファレンスが開催された。第1回「LNG産消会議」(資源エネルギー庁主催・東京プリンスホテル)である。

 この“産消”は、地産地消を意味するのではなく、産地者(Producer)と消費者(Consumer)を指す。

 産地者側はカタール、オーストラリア、アメリカ、カナダ、ロシア、インドネシアなどから。消費者側では日本、韓国、台湾などから、閣僚級や商社、プラント建設、海運などの民間企業関係者、総勢約600人が参加した。

 プログラムは1日のみで、午前9時~午後5時20分まで、4セッションで合計27人の講演と各種基調講演が行われた。

 その講演者のほとんどが、アメリカのシェールガス産出量急増が「LNG市場の世界図式を一変させた」と指摘。筆者は改めて、シェールガス革命の重要性を感じた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧