ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

米エネルギー源の切り札「シェールガス」に注目集中
天然ガス自動車はEVを超えるエコカーになり得るか?

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第113回】 2012年5月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

アメリカのエネルギー源は
「シェールガス」へと急激にシフト

 アメリカのShale Gas(以下、シェールガス)が最近、日本のテレビや新聞で取り上げられる機会が多い。シェールガスは地中に堆積した頁岩(けつがん)に含まれる天然ガスだ。最近になって採取に関する技術革新が飛躍的に進み、市場価格が数年前の3分の1程度までに下がってきた。

 そうしたなか、オバマ政権はエネルギー安全保障の面から、国内外からの原油依存を減らし、天然ガスの自国生産拡大へと大きく舵を切っている。2012年4月13日には、「Unconventional natural gas resources(非在来型天然ガス)」に関する大統領令を発令している。

出所:米エネルギー情報庁

 また、同国での天然ガス資源の種類とその動向については、1月13日に米DOE(エネルギー省)管轄のEIA(エネルギー情報庁)がデータを公開している。それによると、今後はシェールガスの依存度が急激に増え、2035年には同国の天然ガス需要全体の49%に達すると予測している(右図)。

 シェールガスは、北米大陸の各地で地表から比較的浅い断層から採取される。その断層に対して、高水圧の溶剤を噴射する等の方法で天然ガスを取り出す。こうした水圧破砕法に関して同年5月4日、米連邦政府として初めての規制案(現在、Public Comment実施期間中)を公開した。「同案の最終的内容や実施時期、さらにはEPA(米環境保護庁)によるシェールガス開発が環境に与える影響の評価に関する中間報告に業界は注目している」(日系の天然ガス関連業関係者)という。

 また天然ガスを燃料とする天然ガス車についても、オバマ政権は新しい政策を打ち出した。これは同年3月7日に発表された「National Community Deployment Challenge」だ。総予算を約800億円とし、全米10から15の都市でEV(電気自動車)と天然ガス車向けのインフラ整備を行う。さらにこれら代替燃料車の購入に対する補助金も交付する。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧