ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エディターズ・チョイス
【第2回】 2012年10月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
曽和利光 [株式会社人材研究所 代表取締役社長]

グローバル化で急進するか!? 強い人事のススメ
「持論」より「理論」。科学の力で闘う人事になれ!

1
nextpage

前回はいかにエラい人の「持論」が恐ろしいかについてお話しましたが、今回は「強い人事とはなにか」「何を武器に闘えば良いのか」をお伝えしたいと思います。グローバル化、少子化、就職率の低下の中、「人事2.0」の切り拓き方とは?経営者、人事部、起業志望者、注目連載の第2回!

普遍的な「原理・原則」を持って対峙せよ!

 当たり前ですが、会社のリーダーたちは優秀な方が多いわけですから、彼らが持っている「持論」が正しい場合も沢山あると思います。ただ、誤った「持論」に対しては、人事部、人事担当者はきちんと立ち向かい修正をしていかなくては、企業にとっても社会にとっても損害を与えることになります。

 しかし、そうするためには人事は何らかの武器を持たなければなりません。素手で、現場リーダーや経営層に立ち向かっても、なかなか説得するのは難しい。そこで、武器となりえるのが、科学的手法等の普遍的な「原理・原則」です。

 例えば、人のパーソナリティを5つの要素で表現するヒューマンロジック社のFFSという適性検査があります。これを使った大手電機メーカーでの研究で「上司は自分のタイプによく似た部下を高く評価する」という傾向が証明されました。

 このような科学的な裏づけ、根拠があれば、「自分は見る目がある」と思っていた評価者の誤った「持論」を、なんとか修正することができるかもしれません。こういった心理学や組織論等の行動科学などをベースとして「原理・原則」を学び、用いていくことがこれからの人事には必須となります。

 人事部が「原理・原則」という武器を用いて強くなることで、組織人事戦略において、最も重要である「一貫性」を貫き通すことができるようになります。「組織は戦略に従う」というように、遂行したい事業戦略によって、理想の組織や人事戦略は変わります。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


曽和利光 [株式会社人材研究所 代表取締役社長]

一九九五年 京都大学教育学部教育心理学科卒業後、株式会社リクルート入社、人事部配属。人事コンサルタント、人事部採用グループゼネラルマネジャー等を経験。二〇〇九年ライフネット生命保険株式会社、株式会社オープンハウスで人事部門責任者。二〇一一年 株式会社人材研究所(Talented People Laboratory Inc.)設立 代表取締役社長に就任、現在に至る


エディターズ・チョイス

ダイヤモンド社書籍オンライン編集部によるインタビューまたは厳選した特別寄稿。経済、産業、経営、社会問題など幅広いテーマを斬新な視点で紹介する。

「エディターズ・チョイス」

⇒バックナンバー一覧