ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
伊藤元重の日本経済「創造的破壊」論

「農村人口の減少」という創造的破壊で
地域経済の空洞化は克服できる

伊藤元重 [東京大学大学院経済学研究科教授]
【第15回】 2012年10月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

地方の雇用を支える
工場が出て行く

 日本の企業がアジアなどに進出していっても、マクロ経済的には空洞化は起きにくい。この点について前回までに議論してきた。ただ、マクロ経済的にはそうだとしても、地域別に見ていけば、話はもう少し複雑だ。地方では空洞化が起きているからだ。

 地域あるいは地方という言い方は不正確であるが、ここでは農村地域、あるいは人口30万人未満のような中小都市を想定して、地方という言い方を使うことにする。

 全国どこに行っても、多くの農村地域や地方都市には工場がある。それは、大企業の出先の工場であったり、そこに部品を納める地場の中小企業であったりする。こうした工場は、地域の雇用を支える重要な役割を担っている。

 少し前に、静岡県牧之原市を訪れる機会があった。静岡県で最大規模の茶畑が広がる田園地帯で、その景色は素晴らしい。そうした景色を横に見ながら、迎えにきてくださった市役所の人に聞いてみた。「牧之原市の主要な産業は何でしょうか」と。

 当然、お茶やその他の農産物の名前があがるのかと思っていたら、「スズキ自動車、TDK、伊藤園」というメーカーの名前が出てきた。少し意外な感じがしたが、こうした企業が地域の雇用を支えているということなのだろう。

 この話は何ヵ所かに書いたことだが、日本の地域経済の実態を考える上で象徴的な事例であると思う。農村地域とはいっても、農業だけで食べていけるところは非常に限られている。多くの地域では、工場が重要な雇用の場を提供している。

 このことは、日本の農業者の多くが兼業農家であることと関わっている。要するに農業だけで食べていくことはできない。そこで農業は片手間になり、主たる収入は工場や役場や農協で働いて得ることになる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

伊藤元重 [東京大学大学院経済学研究科教授]

いとう もとしげ/1951年静岡県生まれ。東京大学大学院経済学研究科教授。安倍政権の経済財政諮問会議議員。経済学博士。専門は国際経済学、ミクロ経済学。ビジネスの現場を歩き、生きた経済を理論的観点も踏まえて分析する「ウォーキング・エコノミスト」として知られる。テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」コメンテーターなどメディアでも活躍中。著書に最新刊『日本経済を創造的に破壊せよ!』(ダイヤモンド社)等多数がある。


伊藤元重の日本経済「創造的破壊」論

「大いなる安定」の時代が去り、世界経済は激動期に突入した。新たな時代を迎えるための破壊と創造が求められるなか、日本経済が進むべき道とは?少子高齢化、グローバル化、IT化の進展といった長期トレンドを踏まえつつ、伊藤教授が現状のさまざまな問題を分析。20年後の日本経済を活性化する正しい戦略を提示する!

「伊藤元重の日本経済「創造的破壊」論」

⇒バックナンバー一覧