ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
伊藤元重の日本経済「創造的破壊」論

日本企業にとって最大のチャンス!
アジアの消費ブームを「内需」として取り込め

伊藤元重 [東京大学大学院経済学研究科教授]
【第14回】 2012年10月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

私のゼミにいた
ある留学生の話

 もう10年以上前のことである。私のゼミにいた中国人の留学生が面白いことを言っていた。自分はソニーの製品が大好きだという。その理由を聞くと、彼の貧しい少年時代の思い出が強く影響しているようだ。

 天津で育った彼は、奨学金をもらって東京大学の学生になっていた。おそらく厳しい競争を勝ち抜いて、この奨学金を獲得したのだろう。同世代の中国人のなかでも飛び抜けて優秀で、そして大変な勉強家であった。

 高校生の時代、彼の家はけっして豊かではなかった。当時の中国はいまよりずっと貧しかった。その頃、彼のあこがれがソニーのウォークマンであったという。なんとかウォークマンが欲しいというので、一生懸命にアルバイトをしたようだ。そして長い期間お金を貯めてやっとウォークマンを買ったときの嬉しさは、今でもよく憶えている、そう言っていた。

 そのソニーの製品へのあこがれの気持ちは、今でもずっと残っている。日本に留学してきていろいろな商品を購入する経済力がついてきても、それは変わらない。だから自分はソニーの製品をいろいろ持っている、と笑って言っていた。

 連載第11回で、アジアの中間所得層が急速に増えていると書いた。過去10年で8億人近くの新しい中間所得層・富裕層が生まれ、これから10年でさらに10億人近い増加が見込まれる。重要なことは、これらの人たちが、少し前には貧しかったということだ。

 貧しいから、日本の製品のような商品は高嶺の花だ。あこがれではあっても、買うことはできない。しかし、貧困層を抜け出して中間所得層になれば、そうした商品を購入することが可能になる。貧しい時代にあこがれた分だけ、そうした商品を購入したいという気持ちが強くなる。

 アジアではすでに消費ブームが起きている。そしてそのブームは場所を少しずつ変えながら、今後も続いていくことが期待される。中国の沿岸部から内陸部へ、タイやマレーシアなどの先行新興国からベトナムやインドネシアなどの後発新興国へ、そしてインドのような国でも中間所得層の増加が期待される。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

伊藤元重 [東京大学大学院経済学研究科教授]

いとう もとしげ/1951年静岡県生まれ。東京大学大学院経済学研究科教授。安倍政権の経済財政諮問会議議員。経済学博士。専門は国際経済学、ミクロ経済学。ビジネスの現場を歩き、生きた経済を理論的観点も踏まえて分析する「ウォーキング・エコノミスト」として知られる。テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」コメンテーターなどメディアでも活躍中。著書に最新刊『日本経済を創造的に破壊せよ!』(ダイヤモンド社)等多数がある。


伊藤元重の日本経済「創造的破壊」論

「大いなる安定」の時代が去り、世界経済は激動期に突入した。新たな時代を迎えるための破壊と創造が求められるなか、日本経済が進むべき道とは?少子高齢化、グローバル化、IT化の進展といった長期トレンドを踏まえつつ、伊藤教授が現状のさまざまな問題を分析。20年後の日本経済を活性化する正しい戦略を提示する!

「伊藤元重の日本経済「創造的破壊」論」

⇒バックナンバー一覧