ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

キッザニア創業メンバーとイオンらが
乗り出す新たなテーマパークの中身

週刊ダイヤモンド編集部
2012年10月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
コロンビアに今年1月開業したカンドゥーカフェ一号店

 カンドゥージャパン社は10月23日、親子で職業体験が楽しめるテーマパーク「カンドゥーカフェ」を開業することを明らかにした。

 第1号店は、イオンが2013年12月に開業予定の「イオンモール幕張新都心」内となる。「キッズ向けのコンテンツとして最も集客を期待している」(イオンモールの岡崎双一社長)と期待を高める。

 カンドゥーカフェは今年1月にコロンビアのボゴタで第1号店を開業。幕張が2号店目となる。年間の来場者数は約40万人を見込んでいる。

 施設内では、警察署、銀行、病院、航空会社、ファッションショーなどの職業体験が可能。また、擬似通貨を使って給料を稼いだり買い物したりするなどで経済活動を学ぶこともできる。

 日本ではKCJグループが、同様のテーマパークである「キッザニア」を東京都と兵庫県で運営している。

 キッザニア東京の年間来場者数は80万人前後で推移しており、稼働率は約9割という人気ぶり。兵庫県のキッザニア甲子園も毎年70万人が来場する。

 両者が似ているのは当然ともいえる。実はキッザニアとカンドゥーカフェの開発には同一人物が関わっているからだ。

 カンドゥーカフェの基本コンセプトを開発した米ドリームカムトゥルーズ社のCEOであるルイス・ラレスゴイチ氏はキッザニアの創業メンバーの一人。

 だが、カンドゥーカフェの開発にあたっては「キッザニアのコンセプトを変化させ、弱点を克服した」(ルイスCEO)と言う。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年3月4日号 定価710円(税込)

特集 文系こそ学べ 勝つための絶対スキル データ分析

統計分析 Excel入門 データに強くなる

【特集2】
コーヒービジネス大活況
サードウェーブの次に来る波

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧