ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
知っておきたい ウェブ時代の企業イメージ戦略心得

企業のブログ対策は消費者だけを見ていてはダメ

~社員からOBまで、会社関係者をフォローせよ~

佐桑 徹 [(財)経済広報センター 国内広報部長]
【第2回】 2007年11月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ブログは個人のもの、という認識はもう古くなった。今では企業ももちろんブログを活用している。

 これだけインターネットが普及すると、たとえマスコミ関係者には好評を得たものであったとしても、実際の消費者にブログで酷評されてしまっては台なしになってしまう。

企業も活用し始めているブログ

 米国では、あるカメラメーカーがマスコミ等に正式に新製品の発表を公表する際には、カメラ・ファンに影響を持つブロガーに、その会社が「何か新製品を発表する」との情報を事前に与え期待感を高まらせる、といった手法がとられている。プログは狭義の広報手段と捉えるだけでなく、幅広いコミュニケーション、マーケティング、プロモーションの場として活用されているのである。

 日本でブログ対策の実例として有名なのは、日産自動車である。2004年にブログが開設され、今も続いている。書き手が個人として感じた情報を提供しているものだ。富士重工業の「スバルWebコミュニティ」も製品ユーザーにコミュニティへの帰属意識を高めているといえる。自動車に関する情報のほか、プレス発表の模様も垣間見ることができる。これらのブログの多くは、販売促進に関連したものである。

 そんな中、松下電器産業の「エコライフ・ブログ」はもともと同社の従業員と家族のエコライフを推進する「地球を愛する市民運動(LE活動)」事務局が主体となっているという珍しいブログである。

 自社でブログを開設しなくても、「ブロガーとの懇談会」等を開くことで、ブログの世界に影響を与えることもできるというわけだ。

社員、もと社員への対策も必要に

 さて、ブログに書き込まれる企業に関するコメントの多くは、実は会社関係者だとみられている。ブロガーの多くが社内にいるとすれば、企業はその対策として社内広報を重要視していかなければならない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
佐桑徹氏の翻訳書「広報・PRの効果は本当に測れないのか?」発売中

PR活動の先進国である欧米の議論と評価モデルを一挙に紹介。「PRの評価は、報道量の分析だけではないと思うが・・・」「そもそも調査の手法について学んだことがない」「実際に使われている評価モデルは?」といった実務担当者の悩みに応え、広報・PR活動に予算をもってこれるようになる1冊。2520円(税込)

話題の記事

佐桑 徹 [(財)経済広報センター 国内広報部長]

1958年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。経団連事務局、東京新聞(中日新聞)経済部記者を経て、1998年(財)経済広報センターへ。2005年より国内広報部長。主な著書に『図解でわかる部門の仕事[広報部]』(日本能率協会マネジメントセンター)、訳書に『広報・PR効果は本当に測れないのか?』(ダイヤモンド社)等がある。


知っておきたい ウェブ時代の企業イメージ戦略心得

ウェブ2.0時代、自社の企業イメージを上げるために企業は何をしているのか?企業広報のプロが紹介する、最新のコーポレートコミュニケーション事情。

「知っておきたい ウェブ時代の企業イメージ戦略心得」

⇒バックナンバー一覧