ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
知っておきたい ウェブ時代の企業イメージ戦略心得

記者会見よりホームページに重点を

佐桑 徹 [(財)経済広報センター 国内広報部長]
【第1回】 2007年10月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 本格的なウェブ時代を迎え、自社のイメージ戦略をコントロールする企業広報も情報の受発信の主力をウェブに切り替えてもいい時期に来ている。一般市民の情報の取り方が変化しているのだから、コミュニケーションの方法、広報の仕方も変化しなければならないだろう。

30代以下の情報源は「インターネット」

 私が勤務する経済広報センターが一般市民を対象に実施したアンケート調査によると、40歳代以上は今も主な情報源は「新聞」と答えているが、30歳代以下は、もはや第一の情報源は「インターネット」になっている。

◎主な情報源として活用しているメディア(複数回答可)

インターネット
新聞・テレビ
雑誌・クチコミ【資料】(財)経済広報センター調べ(2007)

 

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
佐桑徹氏の翻訳書「広報・PRの効果は本当に測れないのか?」発売中

PR活動の先進国である欧米の議論と評価モデルを一挙に紹介。「PRの評価は、報道量の分析だけではないと思うが・・・」「そもそも調査の手法について学んだことがない」「実際に使われている評価モデルは?」といった実務担当者の悩みに応え、広報・PR活動に予算をもってこれるようになる1冊。2520円(税込)

話題の記事

佐桑 徹 [(財)経済広報センター 国内広報部長]

1958年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。経団連事務局、東京新聞(中日新聞)経済部記者を経て、1998年(財)経済広報センターへ。2005年より国内広報部長。主な著書に『図解でわかる部門の仕事[広報部]』(日本能率協会マネジメントセンター)、訳書に『広報・PR効果は本当に測れないのか?』(ダイヤモンド社)等がある。


知っておきたい ウェブ時代の企業イメージ戦略心得

ウェブ2.0時代、自社の企業イメージを上げるために企業は何をしているのか?企業広報のプロが紹介する、最新のコーポレートコミュニケーション事情。

「知っておきたい ウェブ時代の企業イメージ戦略心得」

⇒バックナンバー一覧