ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
岩崎剛幸「新店、ウォッチ!!」

阪急うめだ本店は百貨店の最終形を示した
劇場型百貨店の正体と可能性は!?【前編】

岩崎剛幸 [船井総合研究所 上席コンサルタント]
【第2回】 2012年11月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
10月25日、約7年の改装を経てついにオープンした阪急うめだ本店。初日には大勢の買い物客が訪れた
Photo:Diamond Weekly

「東の伊勢丹、西の阪急」。東西の百貨店の両雄は、時としてこう呼ばれます。その西の百貨店の雄である阪急百貨店の旗艦店、阪急うめだ本店が増床し、その一部が遂に開業しました。2005年に始まった建替え増床リニューアルの大事業です。しかし、今回のリニューアルは、単なる旗艦店の大増床というだけではなく、百貨店の未来を占うリニューアルとも言えます。それほどの大きな投資をして臨んだ阪急うめだ本店とは、どのような店づくりに挑戦したのでしょうか。今回の新店ウォッチは大阪の新店に注目し、前編、後編と分けてその魅力に迫ります。

阪急うめだ本店に600億の投資

 阪急うめだ本店のコンセプトは、「劇場型百貨店」です。百貨店と劇場はかけ離れたものだと思う方も多いかもしれませんが、筆者はある意味、納得できます。なぜなら、百貨店とは本来、お客様を非日常空間に連れ出し、買い物を楽しんでもらうような、劇場のような空間であったのです。

 それが、いつからか、百貨店は日常的な店へと変化していました。阪急うめだ本店は「暮らしの劇場」をストアコンセプトにして、百貨店の業態価値を再構築しようと意気込んでいるわけです。

 今回のリニューアルにかける総投資額は、なんと600億円。開業初年度の売上目標は2130億円(阪急メンズ館も含む)を目指しています。新宿伊勢丹に次いで、日本で2番目の売上を誇る店として、生まれ変わろうとしています。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岩崎剛幸 [船井総合研究所 上席コンサルタント]

平成3年、株式会社船井総合研究所入社。現在、同社、上席コンサルタント。「戦略は思いに従う」を信条にファッションを専門分野として、現在では百貨店、アパレルメーカー、SPA専門店を中心としたアパレル、流通小売業のコンサルティングに従事している。現場支援と通算2,000回を超える講演活動により、情熱に満ち溢れた企業づくりにまい進している。テレビ出演、雑誌、新聞などへの執筆も数多く、コメンテーターとしての活動にも注目が集まっている。この数年のコンサルティングテーマは「永続するための企業ブランド戦略づくり」。社員が誇れる会社を作るためのコンサルティングに全力を注いでいる。
最新著の『超繁盛店のツボとコツがゼッタイにわかる本』や『コンサルタントの「お仕事」と「正体」がよーくわかる本ー本当のところどうなの? 本音がわかる! 仕事がわかる!』(共に秀和システム)などがある。

【関連サイト】「丸の内ではたらく情熱コンサルタントのブログ」


岩崎剛幸「新店、ウォッチ!!」

リニューアル店舗、新店、新業態などの新しい商業施設に、街歩き・店歩き歴21年の岩崎剛幸・船井総合研究所上席コンサルタントが取材して、レポートする。岩崎氏はファッション業界や百貨店業界を専門分野にしており、鋭い視点が持ち味。商圏に与える影響や店としてのオモシロさ、新しさ、消費市場の流行のタネなどを探していく。

「岩崎剛幸「新店、ウォッチ!!」」

⇒バックナンバー一覧