ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
超・ビジネスマナー診断テスト
【第16回】 2008年1月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
池田輝久 [エンパワー・ネットワーク株式会社 プリンシパル]

接待編:Q.カラオケでは誰が先陣を切るべきか?

1
nextpage

このテストは、あなたがいかに「実践で役立つビジネスマナー」を身に付けているかを診断するものです。

毎回「初級問題:2問」「中級/上級問題:2問」の計4問を出題します。問題はすべてa、b、cの3択式なので、最初に行うときはあまり深く考えず、瞬時に正しいと思うもの、あなたが実際に行動するだろう答えを選んでください。問題の次のページには「解答と解説」が載っていますので、答え合わせをしながら、解説を読んでください。

まずは「初級問題」にチャレンジです。

初級問題

【Question 1】

 今日、お客様に来社していただいて説明会をすることができました。とても好評でその後に食事会を催し、カラオケにまで発展しました。お客様の常務はカラオケが大好きらしいのですが、まずはこちらから歌うことになりました。誰が最初にマイクを持つか迷っています。あなたはどうしますか?

(a)若手の営業が先陣を切ることで、お客様や社内の上司が歌いやすいようにする

(b)最も歌が得意な人が先陣を切って、当社もカラオケ好きだと印象づける

(c)歌が好きだが音痴な人に先陣を切ってもらうことにする


【Question 2】

 取引先の部長を誘って初めてのレストランに昼食に行きました。メニューを見せて「何になさいますか?」と先に勧めたのですが、部長から「君は何にするの?」と言われました。あなたはどうしますか?

(a)「部長からお好きなものを選んでください」と勧め、
その後自分のメニューを決める

(b)「部長からお好きなものを選んでください」と勧め、自分も同じものにする

(c)自分のメニューを決めた後、「部長は何になさいますか」と勧める


「初級編:解答&解説」は次のページへ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR

    スペシャル・インフォメーションPR

ダイヤモンド・オンライン 関連記事
新・独学術

新・独学術

侍留啓介 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年6月

<内容紹介>
「ビジネスに必要な教養」をすべて最速で身につける! 「思考力」「知識」「論理力」「英語力」……仕事に使える知的リソースを最大化する方法とは? 外資系エリートの世界で次々と降りかかる難題を解決するために駆使してきた最も合理的な「頭の強化法」。これが現代ビジネスマンに最も求められる「知性」の磨き方!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、6/11~6/17)



池田輝久 [エンパワー・ネットワーク株式会社 プリンシパル]

人材活性の鍵となる「ビジネススキル」を提唱し、その第一人者として活躍。これまでに手がけた研修の受講生は7000名以上に上る。IT関連企業を中心に多数の研修・講演・コンサルティングの実績を持つ。新聞・雑誌・ウェブへの執筆のかたわら、メールマガジン『ビジネススキルTODAY』を配信、人気を博している。エンパワー・ネットワークのウェブサイト


超・ビジネスマナー診断テスト

あなたの本当の実力を診断! マニュアル通りのビジネスマナーは役に立たない。反常識思考で、ビジネスの場に即した実践なスキルを鍛えよう。

「超・ビジネスマナー診断テスト」

⇒バックナンバー一覧