ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

「尼崎連続変死事件」は他人事ではない!?
日常に忍び寄る“マインドコントロール”の恐怖

宮崎智之 [フリーライター]
2012年11月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

兵庫県尼崎市を中心に発生した連続変死・行方不明事件、いわゆる「尼崎事件」は、世間に大きな衝撃をもたらした。事件の全容はいまだ判明していないが、とりわけ注目を集めているのが、主犯格とみなされている角田美代子容疑者の「支配力」だ。全ての事件に同容疑者が深く関わっているとすれば、なぜ1人の女性にかくも多くの大人が翻弄され、さしたる抵抗もできずに命までをも奪われることになってしまったのか――。「いつ自分も誰かの支配下に置かれてしまうかわからない」と不安を覚えた人も多いだろう。専門家の声を交えながら、あなたの日常に潜むマインドコントロールのリスクと対処法を徹底検証する。(取材・文/プレスラボ・宮崎智之)

なぜこれだけの犠牲者を出したのか
世間を戦慄させた「尼崎連続変死事件」

 いったい、何人死んでいるんだ――。

 兵庫県尼崎市を中心に発生した連続変死・行方不明事件、いわゆる「尼崎事件」は、世間に大きな衝撃をもたらした。事件が明るみに出たのは昨年11月。コンクリート詰めにされた大江和子さんの遺体が尼崎市内で見つかり、角田美代子(以下、美代子容疑者)を含む5人が逮捕された。

 今年10月、兵庫県警による家宅捜索が行なわれ、床下から安藤みつゑさん、仲島茉莉子さん、谷本隆さんの遺体が発見されると、メディアの報道は一気にヒートアップ。11月には岡山県の海からドラム缶に詰められた橋本次郎さんの遺体も発見され、美代子容疑者を含む8人が逮捕された。他にも、少なくとも4人の行方不明者がいると見られる。

 多数の死者や行方不明者が存在する事件の全容はいまだ掴めていないが、日本の犯罪史上、類を見ない凶悪事件に発展しそうな気配だ。

 加害者や被害者たちは、美代子容疑者のマンションで共同生活し、日常的に暴行が行なわれていたと見られる。毎日新聞の報道(11月7日付)によると、「橋本さんは昨年夏ごろ、美代子被告の自宅マンションのバルコニーにあった鍵付きの物置小屋に監禁、暴行されて衰弱死した」という関係者による証言もあるようだ。

 また容疑者たちは、高松市に住む一家に難癖をつけて乗り込み、居座った挙句、暴行などを働いていた。裸にして屈辱を与えたり、娘に親を殴らせたりする行為も強要していたという。遺体で見つかった仲島茉莉子さんは、この一家の長女だった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

宮崎智之 [フリーライター]

フリーライター。1982年3月生まれ。地域紙記者を経て、編集プロダクション「プレスラボ」に勤務後、独立。男女問題や社会問題、インターネット、カルチャーなどについて執筆。
ツイッターは@miyazakid
 

 


News&Analysis

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。

「News&Analysis」

⇒バックナンバー一覧