ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経済学でいまの日本が「めちゃくちゃわかるよ!」
【最終回】 2012年12月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

経済とのおもしろい関係!誰かに話したくなる選挙のいろは
~政治ビギナーはこれを読め!~

1
nextpage

TPP、原発、消費税問題…様々な注目トピックにあふれる今回の総選挙。その中でも国民の関心が高いのがやはり「経済」。それでは、経済政策でどのようなことが起こっていくのか? 投資家やビジネスマンだけではない、生活者として大事な経済政策のお話。

安倍氏の発言で為替が動いたのは「期待」

前回の「どうやって投票する人を決めるか」はとても参考になりました。あれからいろいろな政党の公約を比較してみているんです!美辞麗句が並んでて不安になりますが、ざっくりとした方向性が見えてきました。

坪井 そうそう、情報収集は大事だよ。誰に投票するかであとあと自分の生活に影響があると思うと結構真剣になれるでしょ。同時に、同じ政党の候補者でも意見がバラバラだということもわかるでしょう。新聞の地域版の記事が重要だからよくチェックするといいよ。

―とはいえ、「自分の一票じゃ世の中は変わらない」って思っちゃいますけどね…。

坪井 いやいや、金融政策の考え方を見ても党首によって違うからね、まじめに公約を見て選ぶ人が増えれば、日本全体の動く方向が変わってくると思うよ。
 たとえば、11月後半、日経平均株価が9300円台を突破した。これは7ヵ月ぶりのことだったし、同時に円安も進んだ。これ以降、株高、円安傾向が続いているんだ(2012/12/6現在)。これは安倍晋三自民党総裁の発言がきっかけだった。ざっくり言うと「政権をとったら大胆な金融緩和を行なう」ということだったよね。
 この発言で、どうして日経平均株価が上がったか、分かるかな?

―安倍さん、つまり自民党が政権をとったら景気がよくなるとみんなが思ったから? 前々回、経済は人の心理で動くって言ってましたよね。

坪井 よく覚えていたね。お金の動きを考えるときには、

 ・為替
 ・株
 ・債券(国債など)

 この3つを頭に入れて考えよう。これらは連動していて、独立して動くわけではない。そして、動く方向は投資家の「将来の予測」である、ということが大事なんだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
キーワード  政治 , 投票 , 選挙
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

1954年生まれ。78年早稲田大学政治経済学部卒業後、ダイヤモンド社入社。「週刊ダイヤモンド」編集長などを経て現職。著書に『複雑系の選択』『めちゃくちゃわかるよ!経済学』(ダイヤモンド社)『浦安図書館を支える人びと』(日本図書館協会)など。


経済学でいまの日本が「めちゃくちゃわかるよ!」

『めちゃくちゃわかるよ!経済学』も無事3回目の改訂を迎えた今、ちょうど政治も激動の時代を迎えていますが、経済のキホンが分かっていないと世の中の99%のニュースにはついていけません。そこで、経済のキホンとニュースを坪井先生がやさしく解説!
経済も政治もよくわかっていない若手社員と先生のやりとりで、今がわかる!

「経済学でいまの日本が「めちゃくちゃわかるよ!」」

⇒バックナンバー一覧