ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
士業・個人事業主必見!売り込まずに集客する方法
【第6回】 2012年12月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
河本扶美子 [株式会社ファーストブランド代表取締役社長]

紹介だけでは成り立たなくなった業界で成功する
弁護士のパーソナルブランド構築方法

1
nextpage

 皆さん、少しイメージしてみて下さい。

 自分を売り込まなくても、一生お付き合いできるお客様を集められる人というのはどんな人でしょうか?

 さまざまな考え方がありますが、ひとつ確実に言えることは、「他の人ではだめ、この人でなくては」と思ってくれるファンをたくさん、持っている人といえます。

 この「ファンを持つ」にはどうすればよいのか。

 当たり前のことと思われるかもしれませんが、まず「自らの強みを把握し、その強みを強く求めているのは誰なのかを知り」、そしてここが重要ですが、「強みを強く求めている人を中心として、それを広く世の中に認知させること」が必要だということです。

 弊社では、対価を支払ってでも、他の人ではなく貴方でなければならないという多くのファンをつくり、それによって自分自身のブランドをつくる戦略をパーソナルブランディングと呼んでいます。

 このコラムでは、「パーソナルブランド」を構築することにより、一生モノの顧客を囲い込み、売り込まずに集客する方法について、さまざまな成功事例をもとに紹介してきましたが、「パーソナルブランド」は「ステップ1:差別化」「ステップ2:アウトプット」「ステップ3:貢献」の3ステップで構築することが可能です。

 第5回までで、パーソナルブランドを構築するのに重要かつ最初のステップである、強みの発見、そしてこの強みの伸ばし方についてお話させて頂きましたので、今回は次のステップ「アウトプット」についてお話します。

強みをどう発信するかで市場価値は激変する

 ここに、2人の公認会計士がいます。年齢も同じぐらいで、公認会計士資格を取得した時期も同じです。しかし、1人の公認会計士は年収300万円しかありません。一方もう1人の年収は3000万円、仕事を通じて、今まで多くの専門家の方々からご相談を承る機会を頂戴いたしましたが、このようなケースはさまざまな業界で起こっています。

 では、この2人の違いはなんでしょうか?

 能力やパフォーマンスにある程度の差があったとしても、約10倍もの差があるとは通常考えにくいものです。

 実はこれは、2人のアウトプットの差が結果として表れているケースなのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


河本扶美子 [株式会社ファーストブランド代表取締役社長]

英国留学を経て、SMBC、外資系航空会社に勤務。2002年「消費者に優しいインターネット・サービス会社」を目指し、有限会社ファーストブランド工房(現株式会社ファーストブランド)を設立。ブランディングを主軸としたインテグレーション事業及びインターネット広告事業を行っている。インターネット広告事業では、パーソナルブランディングを中心とした中小企業・個人事業主向けのコンサルテーションを展開、全国の各新聞社と共同で個人事業主、士業を紹介する「マイベストプロ」を運営している。
■マイベストプロ
http://mbp-japan.com/
■株式会社ファーストブランド
http://www.firstbrand.co.jp/

 


士業・個人事業主必見!売り込まずに集客する方法

個人事業主・士業が永続的な集客を実現するには、自らの価値を知り、それを広く世の中に認知させる「パーソナルブランディング」が重要だ。個人事業主・士業と消費者とのマッチングを支援する専門家WEBガイド「マイベストプロ」を展開するパーソナルブランディングのプロ・河本扶美子氏が、豊富な経験で得た事例を通して、その効果から構築までのステップを説く。

「士業・個人事業主必見!売り込まずに集客する方法」

⇒バックナンバー一覧