ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

QE3拡大で緩和終了のFRB
米経済回復と円安で日本株上昇

成瀬順也(大和証券チーフストラテジスト)
2012年12月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 第46回衆院選では自民党が圧勝。公明党と合わせて定数の3分の2強を確保した。株式市場では新政権発足後も「安倍トレード」が続くかどうか、実行力が問われる段階に入る。ただし、「円安ドル高」については、国内環境の如何にかかわらず進展する可能性が高いだろう。米国側の環境が大きく変化しつつあるからだ。

 12月12日、FRB(米連邦準備制度理事会)はQE3(量的緩和第3弾)の拡大を決めた。月間400億ドルペースのMBS(住宅ローン担保証券)購入に加え、米長期国債も同450億ドル購入する。合わせて850億ドルペースへ引き上げるというものだ。

 この政策により、FRBのバランスシートは再び大きく拡大しよう。巷で「ヘリコプター・ベン」とも揶揄されるベン・バーナンキFRB議長が、ドルばらまき政策を一段と強化したことになる。これまで通りなら、円高ドル安へと巻き戻しが生じてもおかしくない。しかし、実際には円安ドル高が続いている。なぜだろうか。

 まず、米国の追加金融緩和は、これで最後だとみられる点である。米国経済は緩やかながらも成長を続け、雇用環境も徐々に改善している。住宅市場も本格回復へ向かおうとしている。今回の緩和は、あくまで「財政の崖」懸念による下振れを予防するためで、本来なら必要ないくらいだろう。

 次に、事実上のゼロ金利政策を「失業率が6.5%程度へ低下するまで」続けると、FRBが表明した点である。これまでは「少なくとも2015年半ばまで」続けると表現してきた。バーナンキ議長は失業率が6.5%を下回るのは15年半ばごろと見込んでおり、ゼロ金利解除の目標時期を変更したわけではないと説明している。

 しかし、マーケットの受け止め方は違ったようだ。「少なくとも……まで」という表現からは先延ばしの可能性が感じ取れるのに対し、具体的に失業率を明示したからには、その水準を達成した際に逃げようがない。それどころか住宅市場の回復スピード次第では、失業率達成がFRBの予想より前倒しになるかもしれない。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧