ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
中国語ができなくても大丈夫 野口悠紀雄の中国経済統計「超」読解法

中国の物価問題は食料価格問題

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]
【第8回】 2013年1月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 中国では、物価上昇が大きな問題となる。

 2011年7月の消費者物価指数は、前年同月比6.5%の上昇となり、大きな問題だとされた。これは、経済危機後に中国がとった景気刺激策の影響だという意見も聞かれた(この見方が正しいかどうかは、後で論じる)。そして、中国政府が引き締めに転じざるをえなくなった大きな理由がここにあると指摘された。

 中国では、インフレは経済的な問題であるだけでなく、政治問題にも発展する。

 事実、1989年の天安門事件は、物価上昇によって生活を脅かされた人々の政治不満が大きな原因だったと言われる。1年前の88年には、消費者物価上昇率が20%を超える値になっていたのである。このため、政府に対する不満と抗議が、学生にとどまらず、一般労働者や商店主に広がったのだと言われる。

中国物価統計と最近の動向

 物価のデータは、中国国家統計局のサイトで入手することができる。

 国家統計局の統計サイトは、最近改定されて、見やすくなった(とくに、「統計分析」のセクション)。

 ただし、時系列データを見るには依然不便だ。この目的のためには、海外のデータサイトを用いるのがよい。

IMF(国際通貨基金)のWEO(世界経済見通し)には、1991年からの実績データと、2017年までの予測値がある。これを図示すると、図表1のとおりだ。

 中国の消費者物価指数は、1993年から95年にかけては、年率2桁の上昇率を示した。そのあと沈静化し、90年代の終わりから2000年代の初めにかけては、マイナスにもなった。

 その後、04年頃から再び上昇が始まり、09年にマイナスになったことを除けばプラスの伸びが続いた。とくに10、11年にはかなり高くなった。年間平均値で見ると、11年が5.4%だった。年末値の対前年比で見ると、10年が4.6%、11年が4.1%だった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]

1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。主な著書に『情報の経済理論』『財政危機の構造』『バブルの経済学』『「超」整理法』『金融緩和で日本は破綻する』『虚構のアベノミクス』『期待バブル崩壊』等、最新刊に『仮想通貨革命』がある。野口悠紀雄ホームページ

------------最新経済データがすぐわかる!------------
『野口悠紀雄 使える!「経済データ」への道』


中国語ができなくても大丈夫 野口悠紀雄の中国経済統計「超」読解法

多くの日本企業が中国関連事業を将来の事業計画の中核に据えている。したがって、中国に関する情報の入手はこれからのビジネスマンにとって重要な課題だ。本連載では、中国語ができなくても、中国語で中国の情報を収集するノウハウを提供する。 

「中国語ができなくても大丈夫 野口悠紀雄の中国経済統計「超」読解法」

⇒バックナンバー一覧