渡邉静代の「休みの日のごはん」
【第5回】 2013年4月23日 渡邊静代 [クッキングアドバイザー]

第5回 
鰹のたたきが、イタリアンに変身!?

豆乳仕立ての洋風茶碗蒸しの作り方

【豆乳仕立ての洋風茶碗蒸し材料(カップ2個分)】<初級者編>
卵…1個 
豆乳…150cc
出し汁…50cc
塩…小さじ1/2
黒こしょう…少々
具材(エビ・茹でブロッコリー・マッシュルーム缶・しめじ)
<上級者編・あんかけ>
コンソメスープ…1C
水溶き片栗粉…小さじ1/2
水…小さじ1

<上級者編>

①卵液(初級者編を参考)をカップに注ぎ、蒸気の上がった蒸し器に入れ、ふたをして強火で2分前後、表面がうっすらと白くなったら、ふたを少しずらし弱火で約10分蒸して茶碗蒸しを作る。

②エビは下処理をした後、しっかり水分を拭き、素揚げするか油で炒め、軽く塩をひとふり。

③上級者編の材料にあるコンソメスープを沸かし、マッシュルームを加えひと煮立ちさせたら、片栗粉を水に溶いて加えとろみを付ける。

④蒸し上がった茶碗蒸しに、③をかけ、エビ・ブロッコリーを飾って出来上がり。

<初級者編>

①出し汁を作る。コンソメスープとマッシュルーム缶の汁をあわせて50ccにする。

②卵を溶きほぐし、豆乳と出し汁、塩を加えて 良く混ぜる。

③カップに、背ワタを取ったエビとブロッコリー、マッシュルームを適宜入れる

④卵液を注ぎ、軽くラップをかける。

⑤蒸気の上がった蒸し器に入れ、ふたをして強火で2分前後、表面がうっすらと白くなったら、ふたを少しずらし弱火で約10分蒸す。中身に火が通ったら出来上がり。竹串をさしてみて、透明な液になっていたらOK。ここで火が強すぎるとすが入るので注意。

⑥蒸し器がなければフライパンにクッキングペーパーかフキンを敷いて、お湯を3センチぐらいいれた上に直接器を載せれば簡単な蒸し器代わりになる。これをしないと蒸している間カタカタと音が鳴ります。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

渡邊静代 [クッキングアドバイザー]

女子栄養大学・短期学部卒。懐石料理教室の助手を経て、自宅で渡邊静代クッキングサロンを開設、今年で10年目を迎える。料理本のスタイリストや、広告の料理・コーディネートも手がける。

 


渡邉静代の「休みの日のごはん」

働き盛りの方々にとって、休日の食卓は身体を芯から休める癒しの時間そのもの。クッキングアドバイザーの渡邉静代先生に、夫婦で作っても、皆で作っても楽しく美味しい、「休日のお手軽レシピ」を教わります。普段の食事にも、おもてなしにも活用できる華やかなメニューは、忙しいあなたの強い味方です!

「渡邉静代の「休みの日のごはん」」

⇒バックナンバー一覧