ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

なぜ日本人は成功より失敗の方が思い出深いのか

小川 たまか
【第114回】 2013年2月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
仕事で積み上げてきた経験の中で、思い出深いのは成功と失敗どちら?

 仕事には失敗がつきもの。もちろん成功した経験も少なからずあるはずだが、「仕事で積み上げてきた経験の中で、思い出深いのは成功と失敗どちら?」というアンケートでは「失敗経験」と答えた人が65%と多数派だった。ビジネスパーソンとしては、できれば成功体験の方を覚えていたいもの。にもかかわらず、失敗経験の方が心に残ってしまう理由とは?

 このアンケートは、キーマンズネットが1月24日~30日にかけて実施。有効回答数は544人。

社会人たちの真実
「成功より失敗した数の方が多い」

 「成功経験派」「失敗経験派」のコメントはそれぞれ次のようなもの。

■成功経験派

 「成功経験は数えるほどしかないので、1つ1つが思い出深いです。失敗経験から学習することは必要ですが、思い出にしたくありませんし、思い出にするには数が多すぎます」(50代・男性)

 「数少ない成功経験だからこそ、思い出深いのです。失敗経験なんていちいち覚えていられません」(50代・男性)

 「成功経験を覚えているから今仕事ができていると思います。失敗経験を引きずれば仕事ができなくなるのでは?」(40代・男性)

 「成功した時のエンドユーザの喜びは力になる」(30代・男性)

 「プロジェクトを成し遂げた達成感は何物にも代え難いです。失敗体験は思い出したくもない…」(40代・男性)

 「成功というわけでないですけれど、何年もかけてやった仕事が完成したとき、ほのかな自信が湧いてきました」(50代・男性)

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ザ・世論~日本人の気持ち~

価値観が多様化し、隣の人の考えでさえ分かりづらい現代。注目のテーマについて、みんながどう考えているか気になるところだろう。この連載では様々な統計、調査結果等を取り上げ、その背景にあるトレンドや人々の意識を分析。現代の「日本人の気持ち」=「世論」を探っていく。

「ザ・世論~日本人の気持ち~」

⇒バックナンバー一覧