ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「気がきく」人がやっていること
【第3回】 2013年3月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
能町光香 [株式会社リンクCEO 人材育成コンサルタント 一流秘書養成スクール校長]

「気がきく」人がやっている
上司・先輩に可愛がられる報連相のコツ

1
nextpage

ビジネスの現場で一番大切なこと、それは「ホウ・レン・ソウ」です。これは、「報告」「連絡」「相談」を省略化した用語で、仕事を円滑に進めるために大切な要因です。ビジネス・コミュニケーションの基本ともいえるこの報連相にも「気がきく」人になるためのポイントが隠されています。

その「報告」で本当に大丈夫?
上司が求めている「報告」のコツ

 「報告」とは、上司からの指示に対して、その経過や結果を知らせることです。
 つい、「こんな些細なことを報告していいのかな……」「こんな小さなことを報告したら、忙しい上司に迷惑じゃないかな」と気になってしまうかもしれません。しかし、あなたにとっては些細なことに思えることでも、上司にとっては知っておきたいプロセスの一つかもしれないのです。

 実は、上司はどんなときでもあなたの「報告」を待っています

 私が秘書として働いていたとき、上司から「能町さん、○○さんに、進捗状況をこっそり聞いてきてくれないかな」と頼まれたり、「あの件なんだけど、○○さん、ちゃんとやっているかな」と心配そうな顔をしながら、声をかけられることが何度もありました。正直、「直接聞いてくれればいいのに」と思うときもありましたが、上司としては、部下に仕事を任せている限りは、部下の思うように仕事をしてもらいたいという気持ちがあるので、直接聞くのをためらっているようでした。上司は部下の仕事の進捗状況を知りたいけれども、自ら聞くことで、部下のやる気が下がってしまったり、プレッシャーをかけてしまったら申し訳ない、とジレンマに陥っていたのです。

 このときに「報告」の大切さを知ってからは、上司に余計な心配をかけないよう、安心して私と仕事ができるよう、今まで以上に「報告」をすることを心がけました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


能町光香(のうまち・みつか)[株式会社リンクCEO 人材育成コンサルタント 一流秘書養成スクール校長]

青山学院大学、The University of Queensland大学院卒業。10年間、バンクオブアメリカ・メリルリンチ、ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インクなどの一流企業のトップエグゼクティブの秘書として活躍し、数々の業績を残し、組織から高い評価を受ける。その後、人材育成コンサルタントとして独立。2013年に、日本での秘書人材育成の必要性を痛切に感じ、「一流秘書養成スクール」を創設。上司の右腕として活躍できる「真のエグゼクティブ・アシスタント」の育成を目指し、豊富な経験に基づく実践的な解決方法を伝える講演や企業研修、コンサルティングをおこなっている。また、サービス・ホスピタリティ・アワード審査委員を務めるなど、経営における「サービス・ホスピタリティ力」の重要性を説き、サービス・ホスピタリティ・マネジメントの普及啓蒙を行う。主な著書に、20万部のベストセラー「誰からも気がきくと言われる45の習慣」(クロスメディア・パブリッシング)など著書多数。
公式ホームページ:http://www.link2u.co.jp/


「気がきく」人がやっていること

『誰からも「気がきく」と言われる45の習慣』(クロスメディア・パブリッシング)が、19万部を突破した著者が、今度は、「気がきく」社員の働き方を具体的かつ実践的に解説します。明日から使える、「気がきく」ポイントが満載です。

「「気がきく」人がやっていること」

⇒バックナンバー一覧