ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「超」入門 学問のすすめ――明治維新と現代日本に共通する23のサバイバル戦略
【第2回】 2013年4月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
鈴木博毅

日本史上最大の変革から学ぶ
転換期のサバイバル戦略とは?

1
nextpage

『学問のすすめ』は生涯学習や平等主義を説く本ではない。幕末・明治への転換期に書かれた、個と国家の変革を促す「革命の書」である。当時の日本は、今では想像を絶するほどの外圧を受け、植民地化される寸前だった。そうした中でも維新が成功した理由とは何か?日本史上最大の変革を支えた歴史的名著のメッセージを読み解く。

日本人は「悲観論」が大好き!?
当時も今も変わらない国民感情

『学問のすすめ』第4編の冒頭で、諭吉は当時(1870年代)世間に流布していた日本の将来に対するいくつかの悲観論を持ち出しています。

※以下、原文からの引用・抜粋はすべて岩波文庫版を底本に著者が現代語訳したものです。

(1)今後の日本の盛衰は、人間の知恵では明確に予想はできないが、このままいけば日本は将来国としての独立を失ってしまうのではないか。

(2)日本の自主独立が守り切れるかどうかは、20年~30年経ってみなければわからないのではないかと、疑問を持つ者もいる。

(3)ひどく日本を蔑視している外国人の説に流されて「日本が独立してやっていくのはとても無理だ」と悲観論に染まる者もいる。

 ごく最近の議論ではないかと勘違いしそうですが、上記の3点は現代日本で論じられていることを取り上げたのではなく、明治初期の書籍『学問のすすめ』からの抜粋です。しかし私たち現代日本人にも、あまりにも親近感がある「悲観論」ではないでしょうか。

「今、試しにイギリスに行き、英国の独立は今後保っていけるかと聞けば、人は皆笑って答えないだろう。それは人々が英国の独立は揺るがないものと信じているからだ。ならば日本も多少文明が進歩したと言っても、世間で悲観的な議論がされるのを見れば、結局のところ(日本の自主独立の維持に)まだ完全に疑いがなくなったわけではない」(『学問のすすめ』第4編から抜粋)

 140年前の明治初期であっても、彼らは私たち現代日本人のご先祖に当たる人たちなのですから、当然と言えばそうなのですが、ある種日本人の精神的傾向、あるいはメンタリティは変わらないものがあると痛感させられます。その上で、自国の自主独立が不安定だと感じる環境も、現代日本と幕末明治には共通するものがあります。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


鈴木博毅 

1972年生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。ビジネス戦略、組織論、マーケティングコンサルタント。MPS Consulting代表。貿易商社にてカナダ・豪州の資源輸入業務に従事。その後国内コンサルティング会社に勤務し、2001年に独立。戦略書や戦争史、企業史を分析し、ビジネスに活用できる新たなイノベーションのヒントを探ることをライフワークとしている。顧問先には顧客満足度ランキングでなみいる大企業を抑えて1位を獲得した企業や、特定業界で国内シェアNo.1の企業など成功事例多数。日本的組織論の名著『失敗の本質』をわかりやすく現代ビジネスマン向けにエッセンス化した『「超」入門 失敗の本質』(ダイヤモンド社)は14万部を超えるベストセラーとなる。その他の著作に、『企業変革入門』『シャアに学ぶ逆境に克つ仕事術』(日本実業出版社)、『戦略の教室』(ダイヤモンド社)、『「空気」を変えて思いどおりに人を動かす方法』(マガジンハウス)、『実践版 孫子の兵法』(プレジデント社)、『この方法で生きのびよ』(経済界)、『君主論』(KADOKAWA)などがある。

 


「超」入門 学問のすすめ――明治維新と現代日本に共通する23のサバイバル戦略

歴史的名著は国家存亡期に書かれた「革命の書」だった――。『学問のすすめ』が実現させた、日本史上最大の変革「明治維新」から転換期を生き抜く方法を学ぶ。140年前と現代に共通する、個と国家の「成功の本質」とは?

「「超」入門 学問のすすめ――明治維新と現代日本に共通する23のサバイバル戦略」

⇒バックナンバー一覧