ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
利益や売上げばかり考える人は、なぜ失敗してしまうのか――目的工学[入門編]
【第2回】 2013年3月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
紺野登 [多摩大学大学院教授、KIRO(知識イノベーション研究所)代表],目的工学研究所 [Purpose Engineering Laboratory]

目的と目標は似て非なるものである。
あなたは「目標の奴隷」になっていないか?
――本文から(その2)

1
nextpage

「手段の時代」から「目的の時代」へ――はじまった目的工学の取り組みをさまざまな形で紹介していく。『利益や売上げばかり考える人は、なぜ失敗してしまうのかーードラッカー、松下幸之助、稲盛和夫からサンデル、ユヌスまでが説く成功法則』の第1章「利益や売上げは『ビジネスの目的』ではありません」を、順次公開している。その第2回では、普段意識して使い分けることの少ない「目的」と「目標」の違いについて考える。

実感できなかった
好景気の裏側

 みなさん、「いざなみ景気」って、覚えていますか。

 2002年2月から2008年2月までの73カ月(何と6年強!)も続いた、戦後最長の景気拡大期のことです。普通に考えれば、まだ記憶に新しいはずなのですが、「無実感景気」、あるいは「リストラ景気」「格差型景気」といった悪名が示しているように、ほとんどの人が覚えていないか、あるいはいい思い出がないようです。

 この間、業種や規模を問わず、ほとんどの企業において、「会社を守る」という大義名分の下、人件費を含め、さまざまなコスト削減が敢行され、このあまり楽しくない努力はいまなお続けられています。おかげで、きわめて低い水準とはいえ、戦後最長記録が生まれたわけですが、その結果、私たち国民の所得は減少し、さらには消費の伸び悩みという事態に発展しました。

 これは、経済学で「合成の誤謬(ごびゅう)」といわれる現象で、ミクロのレベルでは正しい行動、つまり各企業がコスト削減に励んだにもかかわらず、むしろマクロのレベル、すなわち社会全体ではモノが売れなくなるという意図に反する結果が招かれることを言います。

 実際には、もっと複雑で、専門家でも説明し切れないメカニズムが働いているのですが、少なくとも、かつての円高不況やバブル崩壊後の時と同じく、現場の人たちが少しでも売上げを増やし、1円1銭でもコストを引き下げるために懸命な努力を続けたことは間違いありません。

 その間、現場に課されたのは、さまざまな「目標」であり、「指示」や「命令」でした。売上げ××パーセント増、原価率××パーセント引き下げ、利益率××パーセント改善、ノー残業デーの徹底、交際費ゼロ等々――。かつてさんざん叩かれたノルマ営業も形を変えて復活したことでしょう。こうして、最終利益を確保し、株主への配当も増やし、(従業員給与は横ばいであるにもかかわらず)経営者報酬も上昇しました。

 企業の場合は言うまでもなく、たいていの組織では、目標と目的が混同されがちです。先ほど、「利益を追求することは、企業の目的ではない」というドラッカーの言葉を紹介しましたが、同じく、数値目標を達成することも、企業の目的ではありません(図表1-1「目的と目標は別物」を参照)。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


紺野登 [多摩大学大学院教授、KIRO(知識イノベーション研究所)代表]

多摩大学大学院教授、ならびにKIRO(知識イノベーション研究所)代表。京都工芸繊維大学新世代オフィス研究センター(NEO)特任教授、東京大学i.schoolエグゼクティブ・フェロー。その他大手設計事務所のアドバイザーなどをつとめる。早稲田大学理工学部建築学科卒業。博士(経営情報学)。
組織や社会の知識生態学(ナレッジエコロジー)をテーマに、リーダーシップ教育、組織変革、研究所などのワークプレイス・デザイン、都市開発プロジェクトなどの実務にかかわる。
著書に『ビジネスのためのデザイン思考』(東洋経済新報社)、『知識デザイン企業』(日本経済新聞出版社)など、また野中郁次郎氏(一橋大学名誉教授)との共著に『知力経営』(日本経済新聞社、フィナンシャルタイムズ+ブーズアレンハミルトン グローバルビジネスブック、ベストビジネスブック大賞)、『知識創造の方法論』『知識創造経営のプリンシプル』(東洋経済新報社)、『知識経営のすすめ』(ちくま新書)、『美徳の経営』(NTT出版)がある。

目的工学研究所 [Purpose Engineering Laboratory]

経営やビジネスにおける「目的」の再発見、「目的に基づく経営」(management on purpose)、「目的(群)の経営」(management of purposes)について、オープンに考えるバーチャルな非営利研究機関。
Facebookページ:https://www.facebook.com/PurposeEngineering


利益や売上げばかり考える人は、なぜ失敗してしまうのか――目的工学[入門編]

「手段の時代」から「目的の時代」へ――手段にとらわれすぎると、本質を見失う。リーマン・ショックの経験を経て、世界じゅうの先覚者たちが、目的の重要性を唱え始めた。まず「利益」ではなく、「よい目的」を考えるビジネスを実践するために、私たちにできることは何か。はじまった目的工学の取り組みをさまざまな形で紹介していく。

「利益や売上げばかり考える人は、なぜ失敗してしまうのか――目的工学[入門編]」

⇒バックナンバー一覧