ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

東急田園都市線の「意外な現実」
ニュータウンがニューモビリティ時代へ

――超小型モビリティの可能性を探る旅④

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第147回】 2013年4月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

“たまプラ”で、
タウンミーティング

 本連載第141回を皮切りに、「超小型モビリティ」の可能性を探る旅が始まっている。

「たまプラーザ」駅周辺。洒落た店並みが続く Photo by Kenji Momota

 今回の舞台は、神奈川県横浜市北部の住宅地だ。沿線住民は昔から“たまプラ”と呼ぶ、東急田園都市線「たまプラーザ」駅。同駅周辺を舞台に、2013年2月19日から3月4日、子育て世代の家族7組がそれぞれ、日産「New モビリティコンセプト」と生活を共にした。

 これは国土交通省が主催し、横浜市/東急電鉄/日産が共催した「超小型モビリティ・これからのモビリティ社会を先行体験」(以下、先行体験)の一環だ。

 これら4者の組み合わせの背景には、3つの動きがオーバーラップしている。

 ひとつは、横浜市と東急電鉄が2012年4月18日に締結した「次世代郊外まちづくり」の推進に関する協定。ふたつに、横浜市と日産が低炭素型次世代交通の実現を目指す「ヨコハマモビリティ“プロジェクトZERO”(YMPZ)」。さらに、国土交通省が2014年の法整備と2015年からの普及を目指す「超小型モビリティ」に関する実証試験が加わったカタチだ。

2013年2月19日 小雪舞うなか「たまプラーザ」駅前で実施された、「先行体験」の発表会 Photo:主催者提供

 「先行体験」のキックオフは2013年2月19日。小雪舞うなか、「たまプラーザ」駅前で開催された「発表会」の模様は、NHKニュースや大手新聞等で取り上げられ全国から注目を集めた。

 そして3月13日、同駅近くのたまプラーザテラス・プラーザホールにて、実証試験の報告会を兼ねた「タウンミーティング」が開催された。筆者も取材予定だったが、米国取材からの帰国日程の変更で、出席できなかったため、後日主催者から関連資料一式を入手した。

「先行体験」モニターの、子育て世代の主婦たち Photo:主催者提供

 それによると、7モニター家族14日間の合計トリップ(A地点からB地点の移動が1トリップ)回数は170回。

 各モニター家族からの感想としては、全体的に「走行中にとても注目されるなど、近隣住民とのコミュニケーションがとれた」など、好意的ものが多かった。また車両本体については「加速等、運動性能は十分であり、一般交通のなかで不便さは感じなかった」との評価。また、荷室のあり方など、車両デザインへの要望などもあった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧