ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

“子育てママ支援”は氷山の一角?
パーク24、イオン、ホンダ、NTT東日本とリンクする
さいたま市のEV実証試験の底力

――超小型モビリティの可能性を探る旅②

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第142回】 2013年2月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ワーキングママの帰宅を待って
夕方から夜にかけての取材会

 EV(または、超小型モビリティ)活用方法の伏兵が登場した――。

 2013年2月18日(月)、埼玉県さいたま市・JR北浦和駅。午後7時を過ぎると改札口は、俗称「埼玉都民」の帰宅ラッシュだ。東京駅から京浜東北線で約40分という立地は、この周辺を近年、“サラリーマン&ワーキングウーマン”のベッドタウンとして発展させてきた。

 同駅西口ロータリーから斜め右手、クルマ1台がやっと通れるほどの幅の商店街“ふれあい通り”を抜けて約5分。正面にイオン北浦和店が見える。

イオン北浦和店4階屋上駐車場。出入り口近くの3台分に普通充電器付きのEV専用スペース。駐車場全体の管理はイオンからパーク24に委託されている Photo by Kenji Momota

 1階食品売り場を抜け、エレベーターで4階へ。扉を開け、屋上駐車場に出ると、すぐ手前の三台分に、普通充電器を備えたEV専用スペース。そこに、華やかなブルーメタリックボディに大きくEVロゴをあしらったホンダ「フィットEV」の姿があった。

 3台のフィットEVはここで、車両の貸与先である、30歳代ワーキングママ3人の帰りを待っていた。彼女たちは地元さいたま市内在住で、同市内の保育園に子どもを預けて都内へ通勤している。 

 当日はさいたま市の「官民連携によるEV生活向上実証事業」の報道陣向け取材会が開催されたのだ。これは、同市が内閣府から認定された、地域活性化総合特区「次世代自動車・スマートエネルギー特区」に連動する動きのひとつ。筆者はそう思って、ママさんたちを待っていた。

 2013年2月4日付け、当該実証事業に関する同市の記者発表資料では、イオン、パーク24、NTT東日本、ホンダが参画する全体構造図がイラスト化されている。

 そうした事前情報下では、正直なところ、筆者の心持ちとしては「まあ、よくありがちなもの」というレベルだった。

 なぜなら、対象がEVということもあり、「EV、充電インフラ、カーシェアリング」といったキーワードでは、過去に取材したなかでは経済産業省のEV・PHVタウン構想下での松沢成文・前県知事時代の神奈川県のケースなどの全国各地事例と、今回のケースとの差別化が思いつかなかったからだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧