ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

経済好転は本物か? 給料はいつ上がるのか?
徹底検証 アベノミクスの“裏側”

週刊ダイヤモンド編集部
【13/04/06号】 2013年4月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

安倍マジック!?
賃上げラッシュの真相

 トヨタ自動車、一時金約205万円の満額回答。日産自動車、同5.5ヵ月の満額回答。ホンダ、同5.9ヵ月の満額回答──。

 春闘の大手企業集中回答日となった3月13日、自動車メーカーなどを中心に一時金の満額回答や昨年実績を上回る回答が相次ぎ、“賃上げラッシュ”への期待が高まっている。

 集中回答日の約1ヵ月前の2月12日、首相官邸。安倍晋三首相はデフレ脱却に向けた経済界との意見交換会で、経団連の米倉弘昌会長ら経済3団体のトップにこう語った。

 「安倍政権の目標は、頑張った人が報われる社会。業績が改善している企業においては、報酬の引き上げを行うなどの取り組みをご検討いただきたい」

 米国やユーロ圏と比較すると、日本だけ賃金下落が続いている。こうした状況を踏まえての発言だった。

 異例の賃上げ要請に最初に応えたのは流通業界だった。ローソンを口火に、セブン&アイ・ホールディングス、ファミリーマート、ニトリホールディングスなどが次々と賃上げを表明した。

 こうした流れだけを見れば、安倍首相の発言がマジックのように浸透し、一連の賃上げを引き起こしたように思える。しかしタネを明かせば、そこには2つの誤解がある。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月21日号 定価710円(税込)

特集 天才・奇才のつくり方 お受験・英才教育の真実

お受験・英才教育の真実

【特集2】
村田 vs TDK
真逆のスマホ戦略の成否

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

最新号の読みどころを特集担当者の視点でお伝えします。時には紙幅の関係から記事にできなかった取材の内側など、「ここだけの話」も満載です。

「今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ」

⇒バックナンバー一覧