ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
男の復権 ~女は男を尊敬したい~
【第7回】 2008年11月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
池内ひろ美 [夫婦・家族問題コンサルタント]

親としての「本気」をどう見せるか?

1
nextpage

 「素直な良い娘だったのに最近は何を考えてるのか全然分かりません。部活動もやめて、学校帰りには毎日渋谷あたりでブラブラしているようですし、友だちは冬休みにプチ家出と称してお互いの家を泊まり歩き、娘自身も家出しようかななんて言うものですからつい怒鳴りつけたら、もう3週間も一言も口をきいてくれません。

 母親はすっかり諦めている様子で、大学生の長男ばかり溺愛するものですから、娘はますます拗ねてしまっています。娘には真剣に勉強させ将来を考えさせたいのですが、どうすればいいのでしょう」

部下は掌握できても、
娘は理解できない!?

 40代後半の大企業部長の肩書きは、彼が企業社会では優秀な人間であることを示している。しかし、私の前に座っている姿には、エリート企業人の面影は全くない。部下は掌握できても、自分の娘のことはさっぱり理解できないし、いたずらに心配ばかりつのる。

 彼の娘は中堅上位校、つまり中の上にランクされる私立中高一貫女子校の高校1年生。いわゆるお嬢様学校である。母親が期待をかけている長男は一流国立大学に現役合格。そんな子どもを持つ親は人生の勝ち組であったはずなのだが。

 「中学2年生くらいまでは元気に学校生活を楽しんでいたようなのですが、中3あたりから急激に覇気のない生活を送るようになりました。勉強もしなくなり、高1になって進路指導も始まりましたが、将来の夢や希望も持っていないようで、担任の先生もどう進路指導すればよいか困っています。このままいけばフリーターですよ。将来が心配だから勉強せよと言うと、娘は鼻で笑います。どうにかなりませんか?」

 彼の悩みは巨大だ。それは、現在この国を覆っているひとつの空気であるから、個人レベルでどうにかするにはなかなかやっかいな問題でもある。

 文部科学省は認めたくないようだが、どのような社会環境にあっても自ら望む道を見いだして将来の夢を抱き、自発的に前向きな意思を持ち突き進むことができる、いわゆる「生きる力」を持つ子どもは、ほんのひと握りなのである。

「子どもの将来」への投資
に熱心な中国と韓国

 多くの子どもたち、特に中高生の多くは、いつも時代の波に流されて生きる。大人や社会からのメッセージ通りに生きると言い換えてもよい。それは万国共通だ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


池内ひろ美 [夫婦・家族問題コンサルタント]

1961年岡山市生まれ。96年「東京家族ラボ」を設立。精神科医、弁護士等と協力体制をとり、総合的な家族問題カウンセリング等を行なう。テレビ出演や講演も多数。著書に「夫婦再生レッスン」(健康ジャーナル社)、「良妻賢母」(PHP新書)ほか。

・池内氏主宰サイト「池内ひろ美オフィシャルサイト」「東京家族ラボ」「ファミリー・クラブ」

・池内氏ブログ『池内ひろ美の考察の日々』


男の復権 ~女は男を尊敬したい~

夫の平均小遣い36000円、失われる父親の威厳、激増する熟年離婚、etc・・・。男が生きにくい時代だからこそ、もっと素敵な男性が増えてほしい。女というフィルターを通して、『男の復権』について考える。

「男の復権 ~女は男を尊敬したい~」

⇒バックナンバー一覧