ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

タリバンと戦う15歳の少女・マララちゃんが教えてくれた、途上国少女への教育支援が必要なワケ

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]
【第84回】 2013年4月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 今年はやはり「女性の年」なのかもしれない。正確に言えば、女性の尊厳を取り戻す年である。

前回、峯岸みなみの坊主頭謝罪問題とインドの集団レイプ事件を絡めてそのことに触れたが、さらに大きくそのことを確信させる「アイドル」が現れた。マララ・ユスフザイ。パキスタン生まれの15歳の少女である。

パキスタン生まれの15歳の少女、マララ・ユスフザイさん。イスラム原理主義組織タリバンから命を狙われ、頭に銃撃を受けたが、奇跡的に一命を取りとめた
Photo:AP/アフロ

 アイドルというものは時代を象徴する存在だが、ある国の「現在と未来」を象徴すればその国のアイドルとなり、「世界」を象徴すれば世界的なアイドルとなる。マララちゃんはまさに、「世界の未来」を指し示す存在であり、その意味で世界のアイドルとなったわけである。彼女のことは日本のニュース番組でも、たびたび大きく取り上げられているのでご存じの方も多いかと思う。

 アメリカのアフガニスタン侵攻後も、依然として強い勢力を持つタリバンは、3年前にパキスタン北部の一部地域を実効支配。その地域にマララちゃんも暮らしていた。タリバンはアフガニスタンでもそうだったが、女性に対する教育を認めず、さまざまな弾圧を行なった。その様子を、当時11歳だったマララちゃんはBBCのブログで克明に綴り、学校に通って勉強したいという気持ちやタリバンに対する恐怖心を世界に伝えた。

 そのブログによれば、タリバンは「少女の通学を禁止したほか、多くの女子校を爆破し、登校すれば顔に硫酸をかけると脅しました。また女性が市場に買い物に行くことも禁止しました。このため、マララさんは通学しているのが判らないように、制服ではなく、地味な私服を着て、教科書も服の下に隠し持っていたということです」(NHK『ピックアップ@アジア』2012年10月16日放送より)。このような状況をブログで伝えていたわけだが、当然、この頃はマララちゃんもペンネームで書いていた。

 その後、パキスタン政府はタリバン掃討作戦を展開し、マララちゃんが住んでいた地区も開放され、マララちゃんも実名を公表し、メディアにも積極的に出演し、公然とタリバンを批判するようになった。この時点でマララちゃんはすでに、パキスタンにおける反タリバン運動のアイドルとなっており、国民平和賞も受賞している。

一命を取り留めた銃撃事件で一躍、
世界で著名な人権活動家に

 国民的人気を背景に、タリバン批判を続ける少女のことを、タリバンが快く思うわけもなく、マララちゃん殺害を決定する。そして、2012年10月9日、学校帰りにスクール・バスに乗り込もうとしていたマララちゃんを2人の兵士が銃で襲い、当時14歳のマララちゃんは頭部に被弾する。瀕死の状態で彼女はイギリスの病院に搬送され、奇跡的に一命を取り留める。5ヵ月にも及ぶ数回の手術を経て回復し、現在は元気にイギリスの女子校に通っている。いまは15歳になった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]

マーケティング・コンサルタントとしてクルマ、家電、パソコン、飲料、食品などあらゆる業種のトップ企業にて商品開発、業態開発を行なう。近年は領域を社会貢献に特化し、CSRコンサルタント、社会貢献ビジネスの開発プランナーとして活動。多くの企業にてCSR戦略、NGOのコミュニケーション戦略の構築を行なう。「日本を社会貢献でメシが食える社会にする」ことがミッションに、全国各地で講演活動を行なう。ソーシャル系ビジネスコンテストや各種財団の助成金などの審査員多数。また、「日本の女子力が世界を変える」をテーマに、世界の女性、少女をエンパワーメントするための団体「ガール・パワー(一般社団法人日本女子力推進事業団)」を、夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美氏、日本キッズコーチング協会理事長の竹内エリカ氏らと共に設立。著書に『社会貢献でメシを食う。』『ジャパニーズスピリッツの開国力』(いずれもダイヤモンド社)がある。

株式会社ソーシャルプランニング
☆竹井氏ブログ 社会貢献でメシを食う〝REAL(リアル)〟
☆Twitterアカウント:takeiyoshiaki


社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

CSRやコーズマーケティングをはじめ、「社会貢献」というテーマがポピュラーとなったいま、「社会貢献のセカンドウェーブ」が来ている。新たなサービスやプロジェクトのみならず、新たな主役たちも登場し始めた。当連載では話題の事例を取り上げながら、社会貢献的視点で世の中のトレンドを紹介していく。
*当連載は、人気連載『社会貢献を買う人たち』のリニューアル版として、2014年1月より連載名を変更しました。

「社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭」

⇒バックナンバー一覧