ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ヘイグループ『世界賞賛企業ランキング2013』

【新連載】世界賞賛企業調査2013
トップはアップル、トヨタも復権
企業のこれからが見えるランキング
――ヘイグループ プリンシパル 浅川 港

浅川 港 [ヘイ コンサルティング グループ プリンシパル]
【第1回】 2013年4月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

『世界で最も賞賛される企業 2013』が発表された。この調査はヘイグループとフォーチュン誌とが共同で運営し、今年で16回目を迎える。最大の特徴は、グローバル企業の経営陣が評価に参加し、企業のこれからが見えることだ。

 3月のはじめは、世界規模の企業にとっては、何となくそわそわする季節である。アメリカでもヨーロッパでも、厳しい冬が終わりをつげ、日々春めいてくる時期だが、そわそわするのはそのせいではない。

あさかわ・みなと
一橋大学社会学部卒業、スタンフォード大学コミュニケーション学部修士課程修了。日本とアメリカで、出版に従事。カリフォルニアとニューヨークに合計12年滞在。講談社アメリカ副社長を経て2000年に帰国。現在は、ヘイグループでマーケティング担当プリンシパル。主な著書に『世界で最も賞賛される人事』(編著、日本実業出版社)、『グローバル人事 課題と現実』(編著、日本経団連出版)などがある。

 有力ビジネス誌「フォーチュン」が発表する、「世界賞賛企業調査」で、今年は自社が何位にランクされるかが気になるからである。今年2013年は、2月28日(アメリカ時間)にオンラインでまず発表され、ついで3月18日号のフォーチュン本誌でその全容が明らかになった。ずいぶん間が空いているように聞こえるが、実はこの3月18日号、日本でも3月4日には大型書店の店頭に並んだ。

この調査は日本では、フォーチュン誌のランキングとして有名だが、実際には1997年から、組織人事コンサルティング会社であるヘイグループとフォーチュン誌とが共同で運営し、今年で16回目を迎える。

 多くのグローバル企業にとってこの調査で何位にランクインし、経営のどういう部分が高く評価され、逆にどんな部分が低い評価になるかは、大いに気になるところだ。例えば、世界有数の物流サービス会社であるフェデックス。今年もランクが発表されると、同社は早速自社公式サイトにプレスリリースを出し、10位になったことを大きく取り上げた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

浅川 港[ヘイ コンサルティング グループ プリンシパル]

あさかわ みなと/一橋大学社会学部卒業、スタンフォード大学コミュニケーション学部修士課程修了。日本とアメリカで、出版に従事。カリフォルニアとニューヨークに合計12年滞在。講談社アメリカ副社長を経て2000年に帰国。現在は、ヘイグループでマーケティング担当プリンシパル。主な著書に『世界で最も賞賛される人事』(編著、日本実業出版社)、『グローバル人事 課題と現実』(編著、日本経団連出版)などがある。


ヘイグループ『世界賞賛企業ランキング2013』

組織人事コンサルティング会社であるヘイグループとフォーチュン誌とが共同で運営する「世界賞賛企業調査」は、今年で16回目を迎える。この調査の特徴は企業の「質」に着目し、各企業の経営層が評価に参加し、各企業のこれからが見えてくることにある。最新版の2013年調査結果を基に、このランキングから何が読み取れるかについて、4回にわたって報告する。 

「ヘイグループ『世界賞賛企業ランキング2013』」

⇒バックナンバー一覧