ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

日本社会が避けては通れない高齢者運転の現実
10年以内に本格的「スローモビリティ」時代が来る

――超小型モビリティの可能性を探る旅⑤

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第150回】 2013年5月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

昭和のスローライフに似合う
昭和のスローモビリティ

 まるで、「屋外型・昭和博物館」だ。

 スバル「360」、マツダ「K360」、日産初代「フェアレディ」など、昭和30年代から40年代のクルマたちが、苅谷商店街(千葉県いすみ市苅谷)に色を添えた。

「みんなでしあわせになるまつり in 夷隅」。千葉県いすみ市苅谷商店街に並ぶ、昭和のクルマたち。スバル「360」に家族連れが興味津々 Photo by Kenji Momota

 房総半島で、菜の花畑を走る「キハ28、キハ52」や、ムーミン列車などが人気の「いすみ鉄道」。同線・国吉駅から徒歩2分、苅谷T字路の県道85号線、その約300mの苅谷商店街が大型連休前半の4月28日、29日の両日、歩行者天国になった。そこに、昭和のクルマたちが「路上展示」されたのだ。

 この他にも様々な出し物があった。ボンネットバスによる国吉駅周辺の体験試乗。「大分中津からあげ」、「富士宮焼きそば」など全国B級グルメや、地元「いすみのタコ飯」などの屋台村。そして、ご主人の母親の実家が苅谷にある「トワ・エ・モア」の歌手・白鳥恵美子さんらによる「商店街ステージ」など。子どもから高齢者までが、ホンワカした気持ちで楽しめる地域密着型イベントだった。

 これは、今年で二年目を迎えた「みんなでしあわせになるまつりin夷隅(いすみ)」の模様だ。

 開催直前の4月27日には、圏央道の木更津東~東金間が開通。苅谷商店街は、今回新設された同線・市原鶴舞インターチェンジに近く、東京・横浜方面からは東京湾アクアライン経由で約1時間で到着するほど、利便性が上がった。その効果もあってか、今年のまつりは昨年以上に大勢の観客が詰めかけた。

 この「みんなでしあわせになるまつり」は、岩手県栗原市栗駒岩ケ崎の六日町通り商店街が2006年から始めたものだ。開催趣旨は「人にも町にも活気があった昭和時代を再現」とある。

 その「再現」のキーファクターが、昭和のクルマたちなのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧