ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
【対談連載】ともに戦える「仲間」のつくり方
【第6回】 2013年5月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
南 壮一郎 [株式会社ビズリーチ代表取締役],坂之上洋子

「コミット」とは仲間に対する覚悟である
――多くのプロジェクトを回していく秘訣とは?
【経営戦略ストラテジスト 坂之上洋子
×ビズリーチ代表 南壮一郎】(前編)

1
nextpage

起業の苦難や楽しさを「仲間づくり」の視点から赤裸々に描いた『ともに戦える「仲間」のつくり方』の著者、南壮一郎氏。今回は、政府や企業、NPOなどの戦略アドバイザーとして活躍され、2007年には『Newsweek』誌の「世界が認めた日本人女性100人」にも選ばれた坂之上洋子氏との対談の前編をお届けします。2人が“仲間”となって成し遂げたプロジェクトとは?(構成:朝倉真弓)

「デート権」をオークションで!?

 洋子さんとは2年ぐらい前に、どなたかの紹介でお会いしたのが最初ですよね。パーティで共通の知り合いがいて。その後、ホームパーティに呼んでくださったんです。

坂之上洋子(さかのうえ・ようこ)
米国の大学を卒業後、米国の建築会社で建築コンセプトデザイナーに。ニューヨークの5つ星ホテル、ニューヨーク5番街のGMショールーム、ユニバーサルスタジオのなかのレストランなど、数多くのデザインコンセプトを手掛け、ASIDエクセレント優秀賞などを受賞。のち、米国Eコマースのコンサルティング会社に転職。マーケティング副社長としてIT業界に関わる。その後独立し、ウェブサイトをグローバルにブランディングする会社を設立。15年以上の海外生活後、東京へ。現在は社会貢献系プロジェクトを中心に活動し、政府や大使、企業経営者、NPO代表へのアドバイザリー業務や執筆、講演などに従事。

坂之上 もう、2年たったんですね。

 僕は、洋子さんに誘われて「巻き込まれてみよう」と思ったことがたくさんあります。モザンビークの子どもたちのためのチャリティイベントで、「デートを企画してくれない?」っていきなり連絡をもらいました(笑)

坂之上 寄付の企画でしたよね。独身で本当に彼女がいない魅力的な友人の男性10人くらいにデートを企画してもらって、そのデート企画をオークションにしたんですよね。デート代は男性が全部出して、落札した女の子が支払った分は全額モザンビークの子どもへの寄付に回すという仕組みで。ムチャな企画ですみません(苦笑)

 でも、洋子さんに頼まれると、何でも「面白そう!」と興味がわいてしまうんですよね。

坂之上 南さんはデートで本当に素敵なレストランに連れていってくれたそうで、相手の方からも「すごく楽しかったです!!」というメールをもらいました。

 やるのなら、徹底的にやったほうが面白いじゃないですか。僕のポリシーは、「やるなら真剣に」ですから。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


南 壮一郎 [株式会社ビズリーチ代表取締役]

1999年、米・タフツ大学数量経済学部・国際関係学部の両学部を卒業後、モルガン・スタンレー証券に入社し、M&Aアドバイザリー業務に従事。その後、香港・PCCWグループの日本支社の立ち上げに参画。幼少期より興味があったスポーツビジネスに携わるべく、2004年、楽天イーグルスの創業メンバーとなる。チーム運営や各事業の立ち上げサポート後、GM補佐、ファン・エンターテイメント部長などを歴任し、初年度から黒字化成功に貢献。 2007年、株式会社ビズリーチを設立し、代表取締役に就任。日本初の個人課金型・転職サイト「ビズリーチ」を運営。2010年、プレミアム・アウトレットをイメージしたECサイト「LUXA(ルクサ)」を開始。2012年、ビズリーチのアジア版「RegionUP(リージョンアップ)」をオープン、2013年2月、IT・Webエンジニアのためのコラボレーションツール「codebreak;(コードブレイク)」をオープン。著書に『ともに戦える「仲間」のつくり方』『絶対ブレない「軸」のつくり方』(ともにダイヤモンド社)がある。

 

坂之上洋子(さかのうえ・ようこ)

米国の大学を卒業後、米国の建築会社で建築コンセプトデザイナーに。ニューヨークの5つ星ホテル、ニューヨーク 5番街のGMショールーム、ユニバーサルスタジオのなかのレストランなど、数多くのデザインコンセプトを手掛け、ASIDエクセレント優秀賞などを受賞。 のち、米国Eコマースのコンサルティング会社に転職。マーケティング副社長としてIT業界に関わる。その後独立し、ウェブサイトをグローバルにブランディ ングする会社を設立。15年以上の海外生活後、東京へ。現在は社会貢献系プロジェクトを中心に活動し、政府や大使、企業経営者、NPO代表へのアドバイザ リー業務や執筆、講演などに従事。

 


【対談連載】ともに戦える「仲間」のつくり方

「【対談連載】ともに戦える「仲間」のつくり方」

⇒バックナンバー一覧