ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経済ジャーナリスト 町田徹の“眼”

ブラック・サンデーは終わらない
恐慌を招いたのは誰だ?

町田 徹 [ジャーナリスト]
【第44回】 2008年9月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 米国では、2008年9月14日を、大恐慌の幕開けとなった1929年10月24日の「ブラック・サーズデー(暗黒の木曜日)」になぞらえて、「ブラック・サンデー」(暗黒の日曜日)と呼び始めた。

 深刻なのは、そのブラック・サンデーに端を発した金融市場の動揺が一向に収まる気配をみせていないことだ。15日に500ドルを超す急落を記録したニューヨーク株式市場は、17日も下げ幅が450ドルに迫る下落を繰り返した。

 そして、さらに深刻なのは、動揺の影響が米金融市場という狭い範囲にとどまらず、日本を含む世界経済に及ぶ懸念が強いことである。

 ブラック・サンデーの動揺はいったいなぜ、収まらないのだろうか。さらに、この危機は、どのようなメカニズムで引き起こされ、誰が責めを負うべき問題なのだろうか。

ブラック・サンデーは
金融恐慌の始まりを意味するか

 「狂気の一日。ウォール街が震撼した」(ニューヨーク・タイムズ)
 「ウォール街の破綻」(ワシントン・ポスト)

 たった1日で、全米4位の証券会社リーマン・ブラザーズが破産し、同3位で最大のリテール部門を持つメリル・リンチ証券が全米2位の商業銀行バンク・オブ・アメリカへの身売りを決め、そして米国最大の保険会社AIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)が公的な緊急融資を要請した2008年9月14日。米国の主要メディアは、この日をブラック・サンデーと名付け、その動揺ぶりを驚きを持って伝えた。

 日本のマスメディアではまだ充分に事の重大さが報じられていないが、この日を、あの第2次世界大戦を呼んだブラック・サーズデーになぞらえて、ブラック・サンデーと呼ぶことには、特別な意味が込められている。それは、この日が、それほど重要な歴史のターニングポイントであり、深刻な金融恐慌の始まりであるという意味である。

 簡単におさらいしておくと、9月14日は、米政府・金融当局幹部が欧米の主要金融機関首脳と延々と繰り広げた異例の官民合同会議の3日目だった。会議の場所は、ニューヨークのウォール街の一角にあるニューヨーク連銀で、集まったのは、政府・金融当局側から、ポールソン財務長官、ガイトナー・ニューヨーク連銀総裁、コックス証券取引委員会(SEC)委員長ら。そして、民間側から、ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、シティグループ、バンク・オブ・アメリカといった主要金融機関のトップらがずらりと顔を揃えていたという。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

町田徹 [ジャーナリスト]

1960年大阪府生まれ。神戸商科大学(現兵庫県立大学)卒。日本経済新聞社に入社後、記者としてリクルート事件など数々のスクープを連発。日経時代に米ペンシルバニア大学ウォートンスクールに社費留学。同社を退社後、雑誌「選択」編集者を経て独立。日興コーディアルグループの粉飾決算をスクープして、06年度の「雑誌ジャーナリズム賞 大賞」を受賞。「日本郵政-解き放たれた「巨人」「巨大独占NTTの宿罪」など著書多数。


経済ジャーナリスト 町田徹の“眼”

硬骨の経済ジャーナリスト・町田徹が、経済界の暗部や事件を鋭く斬る週刊コラム。独自の取材網を駆使したスクープ記事に期待!

「経済ジャーナリスト 町田徹の“眼”」

⇒バックナンバー一覧